シマノ 13メタニウム オーバーホール

13メタニウムフル分解。

img_7405

今回のお預かりは、13メタニウムXG 左ハンドル。

主に海のシーバスでご利用のリールです。

見た目は綺麗ですが、少し巻き心地に違和感がある感じですね。

原因はどこか?

リールをバラしていきます。

img_7407

こんな感じですね。

img_7410

これ以上放置すると危険な状態ですね。

img_7409

青錆も出かけてますね。

img_7414

レベルワインダーの方もゴミが絡まってます。

img_7415

全部のパーツを外すとこんな感じでした。

ここからはパーツ洗浄。

img_7417

img_7416

まとめて脱脂ですね。

細かいパーツはなくさないように別で綺麗にします。

img_7420

こんな感じです。

巻きの違和感の原因。

img_7418

ここですね。

腐食してます。

ここにはまるベアリングからの違和感ですね。

ベアリングの方は使えなくないけど、ゴリゴリ感がある感じ。

特に海で使われる方はマメにメンテナンスをおススメします。

img_7421

img_7422

ハンドルノブ部もしっかり綺麗にしていきます。

こちらも錆びてます。

後はリールを組み立てで完了。

img_7425

こんな感じで組み上げていきます。

今回のオーバーホールで使用したオイルとグリス

img_7426

今回はこの4種類を使用しました。

メインで使用してるのが「ライトデューティー」と「10」

海水でのご使用なので頑丈なオイルセレクトです。

ここら辺はお客様のフィーリングのご希望を重視しています。

1つベアリングがダメになりかけでしたが、今回は交換なしで。

シーバスのシーズンが終わったら交換でいいかなとの判断です。

無理な交換はしていません。

今回はこれ以上放置していたら危険な状態だったかな?

外身はオイルを注せますが、中身は少し分解の技術が必要です。

しっかり、パーツに保護膜があれば腐食も少ないでしょう。

次回はベアリング交換ですね。

リールのオーバーホールのご希望の方はこちらへ

トップへ戻る