フラットサイドクランクブームが懐かしい。 『フラットシャッド ソニーB』

いつの時代も流行りはあります。

少し前だとスクエアリップクランクですね。

リッククランRC、KVD1.5などがプラ系のスクエアクランクがブームに。

そこから、チドリとかちゃんとまっすぐ泳ぐとか。

ルアーを掘り下げすぎて難しく考え、ただのブームでいつもの感じが終わる…

そもそもの本質を理解しないとね。

でも、もう何年前だ?

5年ぐらいか?

早いもんです。

そして懐かしい。

もう姿を見ないフラットサイドクランクたち。

おそらく、スクエアビルクランクの前はフラットサイドクランク達かな?

これも流行ったなー。

これは10年前ぐらいかな?

フラットシャッド、テネシータフィー、スタンフォード。

こんなクランク達がフラットサイド代表格じゃないでしょうか?

残念ながら、今はどのメーカーも…

そりゃ見なくなるは。

作ってないんだもん。

使われなくなったから、作らなくなったんだろうね。

ブームとはとても残酷な物ですね。

フラットシャッドの代表的ルアー『ソニーB』

数多くのクランクを出しているフラットシャッドベイツ。

その中でも代表的なルアーがソニーB(Sonny B)であろう。

製作者のソニーマクファーランドの名が付いたルアー。

img_7987

フラットボディーに寄り目のペイントアイのルックスがなんとも愛らしい。

ボディーはシダーとバルサ素材の2種類が存在している。

img_7991

リップは基盤タイプでボディー幅よりやや広めのリップが装着されている。

img_7989

泳ぎはよくタイトな感じと表現されることが多いこのルアー。

確かにフラットサイドクランクのイメージ的にピッチの細かい感じのアクションを想像すると思うが。

自分の使った感じではバタバタイメージ。

あくまで自分の意見なので、平の面が多いので水をよく動かしてくれる感じですね。

ちなみに3個所有してますが、そんなイメージ。

まぁ―そもそも、ハンドメイドルアーなので全部が同じ動きではないでしょう。

厳密に言っちゃえば、素材から木だって全く同じ物はないんだから。

それをひっくるめてルアーフィッシング。

正解も秘密も当たりも好みの問題でしょう。

img_7992

上の写真はリトルBですが、初期型はリップまでペイントされていたみたいです。

使ってみたい感はありますが。

もはや市場に少ないレアルアー。

探してもなかなか手に入らないかな。

ソニーBの使いどころ。

この使いどころの話もよく言われている。

一般的にクリアレイク、オープンウォーターとかのイメージが強いかもしれない。

それは、確かにあるのかもしれない。

それが、このルアー達が活躍してきた場面な事は確かでしょう。

ただ、先入観は釣りの幅を狭くするのも事実。

どんな場所でも、場面、状況でも全てのルアーに可能性はある!

固定概念にとらわれずガンガン使ってみてください。

ルアーフィッシングは攻めの釣りなんだから。

どんどんいろんなことに挑戦だ!

そう、始まりは全て挑戦から!

オンラインショップ

シダーモデル

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。

バルサモデル

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
トップへ戻る