自分だって全部見せちゃうぞ!『13ステラSW8000HG オーバーホール』

徳ちゃんに負けてらんねー!

自分も作業内容全部見せちゃいます♡

ローターを外すまで。

スプールを外して。

メインシャフトのスプールの高さ調節ワッシャーを抜きます。

次はプラスドライバーでローターナットのカバーを外し。

img_8047

そしたら、第一の難関ですね。

ナットを取り外すのですが。

これね、サイズが22ミリとデカいんです。

しかも普通のメガネじゃなく、角度が付いたメガネじゃないと開けられません!

ちなみに08ステラも15ミリと厄介なサイズですね。

アルミなので慎重に取り外します。

ロータークラッチ周り。

ローターを外すと見えてくるのが。

img_8050

これねロータークラッチ。

ハンドルを一定方向にしか回らないようにするベアリングみたいなもの。

img_8095

こんな小っちゃいパーツで構成されています。

ここね、めんどくさいけど綺麗に洗った方がいいと思います。

回転系だからね。

これは飛ばすと見つからないので注意してください。

ここで、ラインローラーとハンドルノブもやっておきます。

img_8049

ハンドルノブは固着しやすいのでマメに注油をしてください。

今回はギリギリセーフです。

感じ的にこれ以上放置したら固着していきます。

img_8074

ラインローラは異音がするとの事なのでベアリング交換します。

ここはケチる所でもないので、バンバン交換していきましょう!

次はボディーを空けていきます。

img_8053

この13ステラからトルクスネジなので注意です。

サイズは2サイズ使用です。

このネジなめたら最悪なので、必ずグリップ力がいいドライバーで開ける事!

安い工具でも外せますが、高い道具にはそれなりの価値があります。

釣り具も工具もいいものは使いやすいです。

これも、リールを分解するコツですね。

img_8059

img_8060

開けるとお決まりのこんな感じ。

あまり、気持ちいい感じではないですよね。

ここから全バラ作業も大詰め。

img_8052

この、グリスたっぷりのネジを外していきます。

おそらくここは、水が入りやすい部分なのでグリスをたっぷり付けてるのかな?

特にゴムパッキンが劣化してくると、マグシールド系のリールもここから水が入りやすいです。

ゴムは劣化が激しいですからね。

img_8062

バラしていくとこんな感じね。

ベッタリグリスが付いてます。

これを除去するのが大変なんです。

img_8063

ここだけ黒くなってるのはゴムが溶けてきてるんだと思います。

これで全バラかな。

ここから洗浄です。

img_8065

これは洗浄前。

img_8071

パーツがバラバラですが洗浄後ですね。

さて組み立てに。

バラす逆の順番に。

自分はピニオンまで先に組んでしまいます。

ここからグリスを付けていきます。

あんまりベタベタグリスを付けなくないので、ピニオンギアを手で回しながらグリスを付けていきます。

img_8072

img_8073

キレイになってるでしょ。

img_8076

13ステラはこのゴムパッキンが入ってるんですが、これ再利用不可です!

img_8077

伸びてるのでハマりません。

必ず新品が必要です。

img_8078

これ13ステラの嫌な部分です。

開けるたび¥600かかります。

ちなみに自分のリールだったら付けないかな?

防水性能を高めるよりも、こまめなオーバーホールの方がいいと思ってますので。

半年に1回ぐらいだったら、ゴムなくても平気だと思います。

リールが水に浸かりやすい方は別かな。

img_8087

このパーツはまだつけないで。

img_8092

スプールまで付けて回転チェック!

メインギアに重みをのせて最終けいなので。

これでOKだったら、全てのパーツを付けていきます。

img_8086

SWまとめて3台、お預かりしてるのでドラグは別にまとめて作業です。

SWシリーズはカーボンワッシャーなので脱脂するクリーナーが真っ黒になるので、まとめて最後です。

これで完了ですね。

以上が基本的にやっている事です。

このオーバーホール、メンテナンス作業ってグレーな部分です。

言葉で言われても、どこまでやってるかわかりずらいものです。

注油しただけでもメンテナンスはメンテナンスです。

当店の作業はリールによってオイルやグリスの使い分けはありますが、「分解・洗浄・組み上げ」の作業は一貫して同じ内容です。

今回使用している、オイルとグリスです。

ベアリング部には主にライトデューティー、ギア系には10を使用しています。

ボアードオイルとは? 化学合成油100%のリールオイルになります。 重要なのは化学合成油100%って事。 通常の鉱物油...

この作業も基本的に違和感が出てからだと手遅れになります。

違和感の原因はパーツの劣化です。

そのパーツの劣化のスピードを少なくさせるための作業となります。

作業時間も1週間もかかりませんのでお気軽にご依頼ください。

今のところ、早くて翌日にはご返却です。

ちなみに1日5台が限度なので、それ以上の時はお時間頂きます。

トップへ戻る