立冬ですね。暦の上ではもう冬。バス釣りはこれからが面白い

寒いのは人間だけ!勝負はこれからだ

%e5%86%99%e7%9c%9f-2015-12-01-15-27-04

日に日に寒く、北風が乾燥した空気を運んで今年もあっという間に冬。

気温の低下と共にバス釣りをする人も冬眠モード?

いやいや、バス釣りしてるならこれからが勝負でしょう!

春先と同じく、小さいバスを狙って避けれる今の時期。グッドコンディションを引っ張るにはどの選択がベターか。

個人的に取り組んでいる冬の釣りをご紹介。

メタル? シャッド? ディープ?

%e5%86%99%e7%9c%9f-2015-12-01-16-16-13

寒くなると各社こぞってバイブレーションやシャッド、メタルジグといった弱いんだか強いんだかハッキリしない道具を推してますね。

例えば、リザーバーやダム湖などディープが存在し、実際その釣りが成立しているなら良しとしましょう。

霞水系に代表される広く全体的に浅いフィールドでは、あからさまなディープは浚渫跡や河川のアウトサイドなどに限られてきます。

さらに絞ると岸からアプローチ出来るエリアはあの広大な霞水系でもほんの数カ所。そこに魚が集結? そんなわけ無いはず。

勧められるがままに釣りを冬モードにシフト出来るなら、その素直な考え方を自分の好きな釣りに向けてみると、今年の冬は楽しく過ごせるかもしれませんよ。経験者は語るです(笑)

それこそシャッドやバイブレーション、メタルジグなんかは「冬のルアー」みたいな印象が強いですが、夏でも釣れますからね。裏を返せば夏の釣りと思われがちなトップウォーターやシャローレンジのルアーも冬だって通用します。

本当に考え方の問題ですね。狙う魚を変えてあげれば一瞬で解決です。これも経験者は語る。

そこで、オススメと言うわけではありませんが

img_8013

自分なりに冬のメインルアーは通年同じ。水温も天気も気にせず、浅い場所に残ってる大きいバスをターゲットに。

逆にちびっ子が釣れないのでテンポも良く、サクサク釣りを展開出来ます。

これにリップ付きの大きいルアーを混ぜてもいいかも。水を押して気が付いてもらうのが最重要ですからね。

冬は冬なりに! じっくりもいいですが、サクサク巻いて楽しくやりましょう!何より釣り人が寒いですから(笑)

と、何となく寒い日が続きそうな予報なので、お喋り系の記事でした★★

トップへ戻る