ヒラマサジギングの新たなる挑戦 『MGクラフト スキルレオン』 by Kotetsu

「ルアーの色なんて何でもいいさ~!」

そんな事をいつも書いていて、今回もオリジナルカラー?

以前のブログでも。

オリジナルの色を作ったくせに驚愕発言!

楽しい釣具屋です。

前回のカラーは今回の序章。

ここからソルトウォーターフィッシングにも新たなる風を!

これがルアーフィッシングだ!!!

今回はオリジナルカラーではない!

img_8415

img_8416

左右非対称のブラックライン。

目の周りの赤はただのオシャレ♪

img_8418

こんな感じ。

カラーの意味合いではなく模様を強く意識したメタルジグ。

ベース色もブラックにしたが色も何でもよかった。

今回はわかりやすく、アルミにブラックのシンプルな組み合わせ。

今回はオリジナル模様なのだ!

単純な3本の線だが、強く意識した事はカラーではなく模様。

いかに魚にヒラマサに興味を持ってもらえるかが焦点。

まずはわかりやすく動画で。

しつこいぐらいのリッククランは突っ込まないでくださいね。

回転させるとシルバーの部分は光を反射し黒い部分はハッキリ目に残る。

そう、今回こだわったのは明滅。

明るくなったり、消えたりすること。

魚の視覚にリアルではなく、錯覚効果で仕掛けようとの思いなんです。

ブルピンなんかの色は、このイメージに近いのかもしれない。

おそらく海のルアーフィッシングでは数少ない考え方ではあるだろう。

しかし、これがルアーフィッシングなんじゃないでしょうか?

こんな妄想が釣りを楽しくさせてくれる。

不規則なリズムも奏でる。

リズムは音だけではない。

動きでも表現は可能であろう。

黒いラインを3本にすることにより不規則なリズムを刻む。(たぶん…)

水中から見た訳でもないので妄想の段階です。

でも、きっとそうだと思います。

左右対称なカラーは2拍子。

今回のカラーは3拍子。

リズムも単調な2拍子より3拍子の方が気になる感じがしませんか♪

音楽なんかも、ドラムやベースのリズム外しみたいな感じ自分は気になります。

ヒラマサ心をくすぐるか?

今の段階は全て妄想です。

では、この模様がものすごく釣れるのか?

残念ながらそんな事はないでしょう。

簡単に釣れる時は何でも釣れるし、いくら魚探に反応が出ていても釣れない時は釣れないのが魚釣り。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-18-21-39-58

キャッチまでは至りませんでしたが、お試し塗りジグでヒラマサをかけてはいます。

水面タモ逃れみたいでした。

でも、これがルアーで釣ってやった感なんではないでしょうか?

アングラー側の想い!

ルアーに釣らせてもらった!より釣ってやったぜ感!

大事にしてあげたいです。

プロデュース By Kotetsu

今回はコテツさんの案なのです。

自分が偉そうに言うのもなんですが、立派なルアーアングラーへ成長してくれてます。

そして、毎日ヒラマサの事を考えてるアングラーのひとり。

そう、オタクです。

それと人一倍シンヤ君♡が強い感じ。

このジグが届いた時の、お店での3人(自分、コテツ、徳)の喜び方はバカだなぁ~!って感じ。

「これやばいねー」「これ釣れるでしょー」「早く外房行きてー」なんて騒いでました。

ホントにクソガキですは!

そして10minutes外房ヒラマサ隊はチャレンジしていきます。

なんとなく気づいてはいます。

ヒラマサ釣りに上手い下手はない事に。

大事なことは折れない心だと…

ほとんどがタイミングの問題なんじゃないかと…

でも、偶然を少しでも必然にしたくて。

試行錯誤で悩む日々を過ごしています。

オンラインショップ

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。

トップへ戻る