No Look Tip Run 『勝山アオリイカ ティップラン』 Feel Eging

のほほ~んとした釣りもイイ物です。

ティップランもそんな釣りの1つでしょう。

おなじみのゴロ吉丸に乗り込む。

今年は最後の予約でした。

アオリもアオリで毎年少しづつ感じが違いますね。

今年はいいんだか、悪いんだか?

なんとも掴めない感じ。

まぁ~基本的にそんなに難しくはないし。

気楽にいこー。

今回はイカスミ対決再び…を楽しみにしてたのですが。

因縁の対決は次回に…

_mg_6953

晴れのいい天気ですがちょい寒い。

海水温は下がってきて20℃。

まだまだ、暖かいですが水温の変化中はアオリイカに影響ある感じです。

_mg_6944

勝山港の脇でちょちょっと取って、定番の保田エリアに。

風吹かなかったり、強風だったり、浅かったり、深かったり。

アオリが潜んでそうなスポットを探します。

釣れないねー?いないのかなー?なんて話ながら。

根回りを淡々と攻める。

イカはいりゃ釣れる。

いないんだろうな…

_mg_6942

イカがいる場所ではしっかりと反応してくれます。

でも、いやらしい場所にいるんだこれが。

ちょっと大きな根で、深めの沖、しかも風が強め。

おそらくピンスポット。

うまーくそこにタイミングよくエギを投入できるかがキーポイント。

_mg_6948

ティップランの新釣方『No Look Tip Run』のおかげで船上では笑いが絶えません。

もう自分たちのティップランではティップを見る時代は終わったのです。

そう、手に伝わるアタリだけでイカを釣る!

自分は瞳を閉じてても釣る自信はあります。

確かにティップにしか出ないアタリもあるかもしれません。

でも俺が1番!俺の方が上手!なんて競ってるわけじゃないし。

ティップを見なくたって人並に釣果はでる。

いや?それ以上じゃないかな?

ティップラン2回目のメンバーに「ティップを見て」なんてアドバイスをしなくても釣れるんです。

だったら、無言でティップに全神経を集中するのではなく、みんなでワイワイとくだらない話ながら釣りの方が楽しいじゃないですか?

_mg_6951

底どりは無言… (エギをなくしたくない)

まぁーこんなもんだろう。

釣ったアオリイカもほとんどリリース。

_mg_6963

ハッキリ言って食べ飽きたし。

食べたい人だけ、食べれる分を持って帰ったらOK。

今回はみんなで6杯だけお持ち帰り。

また、卵を産んで来年だな。

来年も楽しませてもらいましょう。

ティップラン使用タックル

参考までに。

今回のメンバーは全員オリジナルロッドを使用してくれてます。

使用ロッド:オリジナルティップランロッド。

先日、ご購入いただいた方からも、お褒めのお言葉頂きました。 人伝いにですがね。 ありがとうございます。 実にうれしいですね...

ティップを見ないで釣るのは、このロッドのおかげです。

リール:シマノ2500S

ローギア、ハイギアどちらでもOKです。

シャロースプール(ドラグワッシャー1枚のリール)の方が使いやすいです。

手数勝負な感じもありますので、回収を考えると深場の場合はハイギアの方がイイかもですね。

オリジナルロッドに付けるなら、バランス的に軽いリールの方がイイかもです。

レアニウム、セフィアなんかで十分です。

頑丈さを求める方はやはりステラかな、週に2回、1回釣りに行く方はステラがおススメ。

ライン:ヨツアミ スーパージグマンWX8 0.6号-200

これは絶対です。

他の選択肢はナシです。

リアルデシテックスWX8の0.5号でもOKかな。

エギ:基本的にマルキューのダートマックス。

これも他に選択肢が少ないのは事実。

後はスクイッドシーカー35g。

参考にしてみてください。

トップへ戻る