モノは考えよう。 冬場のシャローと寒がりな皆様へ

久しぶりに独り言系の記事。色々考えてみましょう

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-23-8-09-12

初めに断っておきます。何の参考にもならない内容になっている可能性が高いです(汗)

思い思いの釣りで全く問題ないので、「お。この考え方エエやん!」って部分だけ抜粋して盗んで行って下さい★★

さてさて。オカッパリ、ボート問わず日本のバス釣りには四季があり、各々少なからず季節を意識して釣りを組み立てていますよね。

水深やカバーの質で攻め方を工夫したり、天候や気候でルアーを選んでみたり。ルアーでのバス釣りは考えるべき要素が多くて大忙し。それもまた楽しい部分だったり。

バス釣りに対して取り組む力の入れようも様々でしょう。自分も過去に「冬は尚更フィネスや!!」って頑張っていました。ただポツポツ釣れはするものの、動きが少ないから寒いんですよね。この釣り。

それなら「動けば寒くないだろう!」と安直に始めたのがこの冬でもシャローをガンガン巻くスタイル。

「スタイル」って言うとそれっぽく聞こえますが、要するにただの寒がりです。。

そこで。

自分と同じく寒がりアングラーの皆様へ。寒さを和らげて魚にも出会える自分のSAMUGARI☆STYLEをご紹介しましょう。

意識すべきは速さと強さ

img_9016

自分の冬の釣り、水温と水深は一切無視します。少々キツイ言い方にはなってしまいますが、探しているのはバスであって、温かい水温、深い水深を探している訳ではないからです。

それでも最低限、バスがいそうな場所は抑えておきます。それは春でも夏でも同じですね。

きっと「ココいそう!」ってピンがあったらポイントで狙えるルアーを入れます。ジグでもネコリグでもいいでしょう。

それをせず外側を波動の強いルアーで、カバーの中の魚を引っ張ってくる。

今流行の大きいクランクベイトでもいいし、スピナーベイトでも大丈夫。同じようなピンをテンポよくサーチ出来るし、釣れればほぼ例外なくデカいです。

ただ点を攻めるのでバスにアピール出来るのが一瞬。なので出来る限りゆっくりか、逆にササッと通して一発で勝負をつけるか。意識すべきは速さと強さ。そんなイメージ。

きっかけさえあれば絶対面白い釣り

img_9019

毎日釣りに出向けるわけじゃないですから。「絶対釣ってやろう!」って気にもなりますよね。

それでも、今まで一切釣れる気しなかったルアーでデカいのが釣れたら。

周りがライトなタックルで攻める中、自分だけ爆発したら。

そんな事が一回でもあると絶対考え方も価値観も変わるはず。

“またあの感覚を味わいたい”

恐らく誰もがそう思うでしょう。

そこから今まで自分がやってきた経験と合わさって、周りよりも速く、早く、多く、大きな魚と出会えるはず。

この冬にそれを再現できたら気持ちいいと思いませんか? 動機は何だっていいんです。結果的に自分だけの大きな魚を狙った展開になっているはずですから。

モノは考えよう。冬場のシャローと寒がりな皆様へ。

トップへ戻る