後半戦! やはりバス釣りよりも難しい? 外房 松鶴丸 ヒラマサジギング

霞も寒いが大原もやはり寒い!

霞ヶ浦でのバス釣りを終え、翌日早朝。千葉県は大原港。

この日は午前船での出船。早朝5時。凍てつく寒さの中準備を進めるのは10minutesのカレーライス師匠。

カレーは好きだが船上でのカレーパンは禁物だ!

海は凪。朝焼けの外房

日の出と共に釣り開始。ジギングって釣りに対して真面目に取り組んで今回で3回目かな? いかんせん最初に釣れたのがトップウォーターだったので、いまいちピンときてませんでした。

魚のレンジを意識して縦のルアーフィッシング。これがまた難しい。いや、簡単なんだろうけど難しい。バス釣りと同じ。余計な考えと固定概念を払拭する事が必要なんだろう。

風も穏やか。潮も穏やか

船も流れず、潮も流れない。釣りやすいかどうかで言ったら釣りやすいけれど、コンディション的にはどうなんだろう。

そんな事を考えてしまっている段階で「こりゃ見失ってるな~」と薄々感じていました(笑)

基本、釣り人って釣れない時、思い通りにならない時。環境やモノのせいにする傾向にありますから。全ては自分自身、魚は命懸けですからね。気持ちで負けたら魚も相手してくれません。

途中、何度かジグに触る感じはあるんだよな~

ボトムから3回、5回ぐらいの所でモゾモゾっとジグに触れる感触。けれどもう一度の誘いには乗ってくれない。

ん~なんだろう。いやいや!ここで「なぜ?」を考えだしたらキリがない!

恐らく取り組んでる事はそんなに間違ってはないはず。それなら釣れる時は釣れるし、釣れない時は釣れない。深追いは禁物だ!

気が付けばお昼前。最後の一流し

ホント時間が過ぎるのが早い。秒針が3倍の速度で回ってるんじゃないかって感覚。

ここで隣でセカンドステージの刃を振り回すカレー師匠に待望のアタリ!

ヒラマサっぽい!船長が駆け寄ってくれた瞬間。

あ、バレました(汗)

今日一のチャンスを逃してしまった師匠。惜しかった

絵に描いたような展開でしたが、これも釣り。特にこのヒラマサに関しては努力がもっともっと必要。釣りに出掛けないと。

いわゆる“エサ釣り”でない分、考える事はバス釣りと似ているところが多いのは確か。バスの経験も正直活きてくるところが多いです。

「釣れないぐらいが丁度いい」 (いや、正直釣りたいです)

ルアー釣りはゲームフィッシング。まったく、楽しいにも程があります(^_^;)

しんや船長!今回もありがとう!

帰り際、惜しくもキャッチならなかったカレーライス師匠(ハニカミ気味)としんや船長。

今回も楽しい釣りをありがとう!そしてまた釣れなくて申し訳ない…

何とか松鶴丸でグッドサイズのヒラマサをキャッチしたい。もはやそれこそが原動力です。

次回は最近有名人のコテツさんとの予定! 待ってろよヒラマサ!!

ご挨拶&スケジュール|ヒラマサジギング船釣りなら外房大原港の釣り船【松鶴丸】|千葉県いすみ市|外房いすみ市大原沖の器械根を中心にルアー・ジギングでヒラマサ・カンパチを釣りあげる!
トップへ戻る