2017年版! 今改めて考えるクランクベイト論

まず最初にお断り

バッサリ両断すると趣味で釣りする我々レベルであれば得意の“クランクなんて何だっていい説”になってしまいます(汗)

もちろんこれは“釣りを楽しむベクトルが魚を釣る事”と言う意味でのお話です。

今回は久しぶりに今あえてのクランクベイト論を長々と綴ってみようかと。 何だか有名な大会でクランクベイトを使って勝った選手がいるみたいですし。

この記事を読んで何か皆さん自身の釣りに少しでも影響があれば幸いです。 それでは行ってみましょう!

種類があまりにも多いので、今回は出番の多いシャロークランクに絞って

皆さんご存知のとおり、リップの長さで潜る深さが変わるクランクベイト。 もちろんミノーなんかもそうですね。

その中でも比較的出番の多い種類がシャロークランク。いわゆる1m~2mぐらいかな? それぐらいの深さを得意とする種類ですね。

ボートからはもちろん、オカッパリでも出番が多いルアーで、リップの形や取り付け角度も様々。 一般的に“角ばったものをスクエアビル”。 “丸くしゃもじ型のものをラウンドビル”と言います。

スクエアビルは硬いカバー、ラウンドビルはベジテーション等の柔らかい?カバーに対して効率的とされています。

大雑把に二種類のリップがあるシャロークランク。 皆さんが通っているフィールドに合わせてルアーを選抜する事で、より効率的にバスにアピールする事が出来るようになります。

次はボディマテリアル。 いわゆる素材のお話

恐らく今、釣り具量販店に並んでいるクランクベイトの殆どがプラスチック製のボディ。 素材自体の浮力は弱く、ボディ内部を空洞にする事で浮力を稼いでいる設計ですね。

対して木材を使用しているのがいわゆるウッドクランクベイト。 バルサを使用する事がほとんどで、ボディ自体の浮力はプラスチックには再現できない強さがあります。

ただどちらか一つで解決か? と言われたらそうでないのがこのジャンルの良いところ。 少々長くなりますが、それぞれのメリット・デメリットをご紹介。

まずは良いところ、メリットから。

プラスチックボディ最大のメリットは間違いなく“ルアーそのものの値段”でしょう。

型に樹脂を流し込んで量産が可能な為、素材自体はもちろんですが一つに掛かる費用を最大限抑えることが可能。 安定した供給と品質を保つ事が出来ます。

実釣でのメリットは“浮力の弱さを活かしたレンジキープ力。”  重心移動を搭載すればキャストも安定し、ラトルを入れたりする事も出来ますね。

ボディ内部の空洞を活かせるのがプラスチックのメリットでしょう。

木材を仕様したクランクベイト。バルサボディの場合最大のメリットは“高いボディの浮力。”  完全にこれにつきます。

浮力とは上に浮き上がろうとする力。対して下向きに取り付けられたリップによって、巻き取られると横方向と下方向にも力が加わり、各方向に掛かる力がケンカする状態になります。

その際に生まれる独特の強い水押しこそ、ウッドクランクベイト最大のメリットだと考えています。

よく“カバーに対する回避力”と言われがちですが、個人的には強い浮力から生まれる存在感こそウッドボディ最大の魅力だと思って使っています。

それならちょっと不得意な部分。両者のデメリット

まずはプラスチックボディのデメリット。恐らく“浮力の弱さに付随した水押しの弱さ”と言われそうですが、個人的にはまっすぐ泳ぐようにする、いわゆる“トゥルーチューンの幅の狭さ”じゃないかと。

浮力が弱いので調整幅がシビアで、なおかつアイの周りが欠けてしまったり割れて水が入ってしまったり。

釣りをしていてストレスになるこの部分が挙げられるデメリットかと。

次にウッドボディ。彼らのデメリットは完全に値段と個体差、素材上どうしようもない脆さでしょう。

一つずつがハンドメイドの為、量産が難しく値段も相応となってしまいます。ただ勘違いして欲しくない部分でもあり、一つ一つにビルダーの魂が宿ったルアー。 “値段が高いから”だけで解決してしまうのは勿体無いです。

共にメリット・デメリットがあり、“これ一つで全てOK”みたいな事はもちろんありません。

最初に申し上げたとおり“バスを釣る”と言う目的のみでの話ですが、“その日その時の状況で最も適しているルアーを選ぶのがベター”でしょう。

最近気が付いた。フックのお話

自分もつい最近まで“クランクベイトのフックはコレじゃなきゃ!”みたいな考え方でいました。

それがある時ふと“こんな軸の細いフックなんだから交換しなくても掛かるでしょ?”と釣りの神様からお告げが(笑)

例えば琵琶湖で60cm以上のバスを狙う! みたいな状況なら話は別。 掛けてから伸ばされないフックみたいな考えも必要でしょう。

そうではなくて、たかだか霞ヶ浦の大きくて50cmのバス。フックはもちろん、滅多な事がない限りスプリットリングも交換しなくて問題ないだろうと。

結果はスグ出ました。先月釣り上げたこのバス、ルアーはノーマンのミドルN。 ルアーはパッケージから出したままの状態です。

それでもフロントフックは口の中(写真を撮るために外してます)。リアフックは外にしっかりとフッキングされていました。

“水温は一桁で低水温期のバスでもしっかり掛かる”この事実は自分の中でもう一つ釣りをシンプルに出来る良い出来事でした。

それなら何が重要なのか? 一つ完璧に断言出来る事はタックルバランス。 ココはマジ大事!(笑)

クランクベイトに適したタックルバランスとは

よく“グラスコンポジットロッドが最強”とか“いやいや、そこはノーフォークのブランク。キスラーとGルーミスのロッドが”みたいな話を聞きますよね。

10minutesではGルーミスを推していて、個人的にもクランクベイトをやるならこれ以上は無いと思います。 が!そこは別に自由で問題ないです。

意識しなければいけないのは“今自分が使っている竿は本当に使いやすいのか?”これを自問自答してみて下さい。

デザインなどの拘りは置いておいて魚を効率よく釣る為だけを考えた時、何が大切だと思いますか?

ことクランクベイトに関して言うなら絶対的に手返しの良さ。 “一投一投をストレスなくスムーズに効率よく出来るか。” これに尽きると思います。

クランクベイトの竿がしなやかである必要性はそこなんじゃないかと。であるならグラスコンポジットのような太く重い竿は空気抵抗も大きく、釣り人に掛かる負荷も大きいので正直どうなんだろう?って感じ。

まあここはクドいようですが、個人の自由なので自身が使いやすいと心から思える道具ならそれが正解なんじゃないかと思います。

皆さんが使っている竿は本当に使いやすいですか?

後半戦! 動き、アクションの考え方。“釣れるアクション”

バスのジャンルだと特にクランクベイトに言われるワード。“釣れるアクション”のついて語る人、語れる人は多くいますが、それなら“釣れないアクション”ってなんですか?ってお話。

全ては人の目で見て判断した仮説でしかなく、曖昧な例え。 人間が釣れた理由、釣れない理由を都合よく解釈しているだけに過ぎません。と、バッサリ言い切ってしまってもいい程の事柄。

楽しみ方の一つとしてはアリなのかもしれませんが、クランクベイトでバスを釣る目的の上では全く必要のない仮説だと思っています。

それでも使いやすいアクションや、手元に伝わる気持ちいいアクション。その人の中で集中出来るルアーは必ずあるはず。

せっかく自分が見付けた魚を“釣れるアクションのルアーだから釣れた”と片付けてしまうと、

そこまでに至る過程と自身の努力を全否定しているのと同じ。 魚を釣っているのはルアーではなくて自分自身、ここ結構重要です!

極論“バス釣りは探す釣り”と断言してもいい程。 釣るために“釣れるアクション”のクランクベイトを探すなら、ブラックバスを探すのが合理的な気もします。

客観的に自分を見て“やりたい事とやるべき事が一致しているか”。 改めて我が身を振り返ってみるのも悪くないかもしれませんね!

長くなってしまいました(汗) これが最後! 全ては自分次第

バスフィッシングってスポーツのようでスポーツではない側面が多く感じられますよね。特に日本だと尚更。

それでも結果が釣果だとするなら、思わしくない結果を何か別のモノのせいにするのはどうなんでしょう? もちろん楽しみ方は人それぞれ。それ故の温度差があるのは承知の上で。

自分のお父さんが魚が釣れずに帰って来て、その理由を道具やら別の何かのせいにしてたらカッコ悪いと思いませんか?

“いや、自分そこまでじゃないんで”って目を背けてしまいたくなる事柄ですが、楽しむ上で最低限その辺りはストイックになってもいいんじゃないかと思います。もちろん趣味レベルでも。

釣りに出掛けている以上“釣れること”が最大の目的であり喜びだと思うのです。

たかがバス釣り。されどバス釣り。 大多数の人は生活を懸けて釣りをしている訳ではないと思います。それでも趣味を謳歌する上で探究心とその気持ちを向けるべきは、人や物ではなく魚なんだと改めて感じます。

偉そうにここまで長々と語ってきましたが、最後にどんな状況でも楽しいと思える事を大切にして下さい。 釣れない時、思い通りに行かない時こそ“今やっていることは本当に楽しいのか?”と。

楽しむ力にこそ最高の結果が付いてくるものだと信じています。

2017年、12ヶ月後にここまで読んでくださった皆様が振り返った時、“今年は楽しい釣りが出来た”と思える一年になりますように★★

トップへ戻る