スピニングリールはちょいと難 『シマノ 10ステラ 3000HG オーバーホール』

ルアー釣りを行う上で必ず皆さん持っているアイテムがリールでしょう。

絶対数が多いので、これがいい、あれの方が問題が多く語られるかと思います。

わかります、その気持ちも。

ただ、使えば壊れていく物なのは事実。

リールはどちらかと言うと消耗品の類です。

いくら、巻き心地がいい、回転する、よく飛ぶとか言ってても確実に使えば疲労していくんです。

だから、しっかりとケアしてあげる事が大事だと思います。

自分のリール最近ちょっとなー?

そんな方も多いかと思います。

防水性能UPのうたい文句が溢れて=ノーメンテみたいな感じになっていますが。

大事に使いたい方は、最低でも半年に1度はオーバーホールお勧めします。

大事な彼女、奥さんも大事にしないと…

放置して、釣りバッカリしてると…?

って感じです。

10ステラ解体。

さて今回持ち込まれたのは10ステラ。

よくできているリールです。

外見は好み問題なのですが、中身は07ステラを更に良くした感じですね。

ご友人の方が使用してないとの事で譲り受けたみたいです。

いわゆる中古リール。

ただ前オーナーの使用頻度は低めみたいです。

さて開けてみよう。

おっ?

綺麗だぞ。

確かに使用頻度は少ない個体です。

ただ写真を見てもらうとわかりますが。

油っ気なしです。

このまま使用しても使えない事はないですが。

パーツの摩耗は早いですね。

10ステラの販売時期でどの年代に購入したかはわかりませんが?

4年の時は経過してることになります。

いくら使用してなくても時間と共に油膜は切れる事になりますね。

特に鉱物油系のオイルですかね。

このリールのオーナー様、ナイスな判断です!

いつもと同じく、全て分解、洗浄をさせていただき。

組み込んでいきます。

それとベアリングを2か所交換させていただきました。

シマノさんだと、ARなんとか?

よくわからないですが?

ベアリングのシールドがゴムのやつですね。

回転が悪いので交換しました。

詳しい事はわからないですが。

確かにシールド性能は高そうですが、ゴムなので変形して回転が悪かったのかな?

まぁーケチる箇所でもないですし、回らないのであれば交換しましょう。

これは最後にお客様に確認してもらいます。

回らないので、ご納得だと思います。

そして今回はボアードオイルの十八番の耐久性メインでのご依頼。

ただ、シーバスなので回転も軽めのご希望。

ここは、感覚の問題なので難しいですが。

だいぶ気に入ってもらえたご様子で安心しました。

おかげさまで、ご好評のボアード製品でのリールいじりですが。

良く回るとかは、粘度の問題とかは、メインのうたい文句ではありません。

ボアードオイルの一番のセールスポイントは油膜の維持です。

大事なリールを長く大切に使うには、市販のリールオイルの中では1番だと思いますよ!

試してみてください。

トップへ戻る