寒すぎる!! 大寒波と自然とバス釣り

予想はしていたが

前日から入った寒波でこの日は極寒。。 日中でも気温は5℃を切り、常に息が白く残る程だ。

休日と言う事もあり、温排水や冬のメジャースポットにはセール会場の如く人が集まる。

それならばと上流、寒さも気持ちいいロケーションで釣りをしてみようじゃないか。

自転車を輪行。 スローなバスフィッシング

都会から自然を求めて片道1時間。 自転車を輪行して向かうのは日頃釣りをしている河川の上流。

一見トラウトや鮎が多くいるようなローケーションだが、こんな場所にもバスはいるのだ。

朝出発し、現地に到着したのはお昼前。 この日のルアーはご存知ジョインテッドクロー、加えてザラスプークとマイケル。 異色の組み合わせ感を意識したルアーチョイス。

本命登場か!?

自分以外誰もいないフィールドでお気に入りの音楽を流しつつ竿を出す。 持参したホットコーヒーがまた格別なのだ。

所々にバスは見える。 それもかなりの大きさと数。 手持ちのルアーで何度もアプローチするものの反応は鈍い。

少し離れた反転流にマイケルを投げ込んでみる。 スーッと影が寄ってきて吸い込むようなバイト! 『お!?バスか!?』

流れの中丁寧に寄せてみると正体は彼(汗) まあ今日のところは良しとしましょう。

帰りの時間も考えて早めに帰り支度。 結果は伴いませんでしたが、気分転換には最高の釣行となりました。

バス釣りに対する考え方と屈しない考え

“ブラックバスを釣る” たかがそれだけの事に対する人々の考え方や取り組む姿勢、温度差は千差万別。

自分も最低限釣りたいし、毎回理想の魚に出会いたいと思って竿を出しています。

ことバス釣りはそのための選択肢が多い分、少しでも気を抜くと『お、良いじゃん』なんて心が揺れがち。 その都度振り返ると自分を見失ってた感が否めないのも事実・・

だからこそ、日頃から肝に銘じているのは“自分が一番上手い”と思い込む事。

入ってくる情報、他の人への憧れは一切捨てて、自分が積み重ねてきた経験と実績こそ最強だと自分に言い聞かせています。

そうすると全ての結果は自分のせい、良くも悪くも全ては自分次第。 『最近ちょっと見失ってるな~。。』なんて感じている人は試してみて下さい(笑)

トップへ戻る