10minutes的には真ん中のポジションかな? 『Bored / Light Duty』

ベイトリールの作業で一番出番が多いオイル

我々も何十台何百台とリールのオーバーホールをすることでリールそのものはもちろんですが、BOREDのオイルやグリスへの理解度も増しています。

ベイトリールを担当させて頂いている自分の中で最近ブームなのがこのLight Duty。

内部のベアリングやパーツ同士が干渉する部分などで出番が多く、ラインナップの中でも細かな部分への流し込みなんかもしやすいオイルです。

もったいない勘違い

BOREDのオイルは比較的容量が多くどんどん使っても大丈夫!

ですが稀に容量とお値段を比較して『他社と比較して同じ価格でも容量が多いから質的にはイマイチなんじゃないか?』と正直もったいないご意見をいただく事があります。

我々自身、BORED以外の有名メーカーのグリスやオイルは購入し散々試してきた結果、今本気でBOREDのラインナップを推しています。

最終的に選ぶのはユーザー様なので絶対とは言いませんが、一切疑いなく“本当に良いモノ”としてオススメしております。

“安かろう悪かろう”でもなければ“高かろう良かろう”でもないですからね。

ここ数年消費者がモノをしっかり見て選んでいる感じが釣り業界に限らず浸透しているように思います。 より良い物が市場に出回るようになると日本的にもポジティブなんじゃないかなあ。

話がズレました(汗)

BOREDのオイルはリールを使用するフィールドによって細かく選択が可能。 淡水なのか汽水なのか海水なのか。 巻き心地や仕上がりはもちろん、パーツを保護すると言う意味で選んで頂くのがベーシックかと思います。

細かな使い分け等のご相談は店頭で!

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
トップへ戻る