久しぶりにクランクベイト談義でもどうでしょう?

ザリガニのようなルアーのような…

ルアーを考える時、ある程度誰しもが『マッチザベイト』の思考を持ったことがあると思います。

自分も釣り方によってはもちろん意識する事が多々あったり。

ただクランクベイト、それもシャロークランクに限っては一切意識はしていません。

それでも当初は『ギルがいるから稚ギルのサイズで…』なんて考えたりも(^_^;)

悪いことでも間違った認識でもないんですけどね。 考えるだけ無駄かな。 そんな風に感じてしまったのです。

そんな中この間紹介したロックウォーリアー。 いわゆるウィグルワート的なルアーだけは圧倒的にザリガニを意識して皆さん使ってますよね!

ザリガニクランク 世間的にこのウィグルワート系クランクは春先の出番が多いようですね。 ゆっくり巻いて冬眠明けのザリガニをイミ...

記事の中でも書いたのですが自分は苦手です、このルアー(笑)

釣りはサクサク巻いてテンポよく!をモットーに取り組むスタイルなので、自分に向いていないだけ。 逆にスローテンポが得意な人なんかはリスペクト出来ます。

話を戻して。 同じクランクベイトでもフラットサイドはピリピリとアクションが細かいので、よくベイトフィッシュやシャッドに近い考え方をされたり。

同じジャンル、同じルアーでも取り組む角度や考え方で違うモノになる。 活かすも殺すもアングラー次第ってところでしょうか。

過去、思い返してみると

クランクベイトで釣れたシチュエーションで多いのが喋ってる最中。

これ何でなんだろう(笑)

サクサク投げて巻いてくだらない話をしている最中、結構な確率で魚釣れてるんです。

基本お喋りなので、釣りしてる時も近くに知り合いがいれば永遠喋ってます。 余計な事を考えていないからかな?

別の角度から捉えてみると、ルアーに対して疑いがなければキャスト数も増えて魚に出会える確率も上がる。

喋っている時は釣りの事考えてないですからね。 要するに自然と迷いがない状況になってるわけです。

と、かっこよく分析しても今年はまだノーフィッシュ。。 ん~って感じです。

ちなみに、お店で度々聞かれる

『どのクランクベイトがよく釣れますか?』

これがまた簡単そうで難しい問。

マクドナルドで『どのメニューが美味しいですか?』って質問するのと同じ。

『どれも釣れるし、どれも美味しい』が素直な答えになってしまいます…

実際はそうはいかないので、釣具屋としてはどんな場所でどんな魚を釣りたいのか。 から話を始めます。

バスがよく釣れるクランク。 大きいバスが釣れるクランク。

『とりあえず釣りたい! サイズ問わず無双したい!』

アホみたいな要求ですが嫌いじゃないです(笑)

自分の経験からサイズ問わずクランクベイトでバスを釣りたいならルアーのサイズを小さく、それでいてキビキビ動いて水を押すクランクがいいかも。

例えばバンディットの100や200のシリーズ。

同じくノーマンのベビーNなんかも大小様々なバスに出会いやすいクランクベイトです。

『俺はデカいのしか狙わねぇ! 小バスは子供の遊びだぜ!』

そんな男気溢れる野郎の皆様。 旨い酒が飲めそうです(笑)

同じく過去に自分が釣ってきた経験則ですが、大きなサイズのバスに絞ってクランクベイトを使う時はシルエットを大きく、動きはモサモサとトルクのある水押しをした方が結果が出ている気がします。

バグリーのB3なんかは代名詞ですよね。 その他にも今流行りのビッグクランクベイトや、DD22みたいなディープクランクをスローに使うテクニカルな釣りだったり。

感覚の問題ですが、ピリピリよりモサモサの方が小バスを避け、大きいバスに比較的絞りやすい印象があります。

どれも自分の経験から感じている印象なので、違う考えやフィールドでは通用しない場合はもちろんあると思います。

それでも狙ってる魚はどこも同じブラックバス。 そんなに難しく考えなくてもいいかな? ってのが正直なところでしょうか。

クランクベイトの数だけフィールドがある

クランクフリークの皆様ならご存知でしょう。 国内外様々なクランクベイトが存在します。
その一つ一つにビルダーの想いがありウッド、プラスチック。素材関係なく魂が宿っていると考えます。

近年ではオークションを利用した転売等の行為も目立っていますがモラルの話は置いといて、最終的に手にしたアングラーがビルダーの想いを感じ取る事が出来ればいいんじゃないかと。

自分も買ってから使ってないクランクベイト、沢山あります。 どれも自分で選んで買った以上、ボロボロになるまで投げ込んで魚に噛まれて何度も補強して、さすがに使えなくなったら『ありがとう御座いました!』ってビルダーさんに報告したいぐらい(笑)

短いリップから長いリップ。 小さいボディから大きなボディ。 ここまで種類と個性が揃ったルアーもないでしょう。

その個性を活かせるフィールド、シチュエーション。 彼らが120%の力を発揮するフィールドは必ずある。

そんな時こそアングラーの腕の見せ所!

『ここならお前だろう!』と、やりたい事とやるべき事、釣りたい気持ちと選んだ選択が一致すれば必ず結果は付いてくる。 クランクベイトはそんなルアーだと思います。

さあ!今日から3月! 錆びついたフックは交換して、クランクベイトを詰め込んでフィールドに出掛けましょう!!

トップへ戻る