ロングハンドルの罠 『皆さんもお気をつけて!』

最近流行ってる長いハンドル

ベイトリールで比較的誰でもいじりやすいポイント。 スプール軸のベアリングとハンドル。

意図は様々ですが、最近ロングハンドル化したベイトリールで釣りをする人が増えていますね。

そこで一つ! 気を付けていただきたいのがキャスト時のクラッチの戻り。

竿をシュパッと振り抜くようなキャストの際に多いみたいです。

ハンドルが長い分、キャスト時の遠心力にノブの重みの慣性でクラッチが戻ってしまいキャスト切れや最悪竿ごと飛んでいってしまったり。。

半クラッチの状態でギャーーとやってしまうとピニオンギア、スプールシャフトピンにダメージが。 変形や破損の危険性があります。

自分もモノによってロングハンドル化しているので気持ちはわかりますが、よくよく考えて選ぶのも大事だと思います。

改めてのタックルバランス

例えば、PEラインがリールやロッドに与える負荷。 最近バスでも使ってる人が増えましたが、PEを使う場合下巻きの重要性や根掛かりのリスクなどなど。

それこそベイトフィネス用タックルでPEなんて理解がないといきなりは正直無謀な気もします。。

リーダーを結ぶ意味やその長さ。 言ってしまえばフックまで。 ライトなバスだからこそ意外としっかり考えないとそのモノの良さを活かせなかったりするものです。

自分の話だと最近改めてフロロラインにハマってます。基本ナイロンかたまにPEぐらいな感じの釣りなのですが、クランクを中心にマキモノでフロロ使うとラインの伸び具合いがしっくりくる感じ。

竿がクランキンテーパーの竿だというのもありますが、ナイロンにはない感覚ですね。 コレはコレで悪くないです。

ルアー、フック、ライン、ロッド、リール。 全てはバランス。 数字や魅力的な謳い文句には要注意!

トップへ戻る