撃てて操れて感じて折れずに捕れるジグロッド『Gルーミス GLX ジグ&ワーム』

まずは折れない事

一言で言ってしまうと当たり前のような常識ですが、探すと案外難しい“折れない竿”

更に折れないだけならまだしも、キャストも決まり先重りせず感度も良好、きちんとワームを

動かせてファイト時はしっかり曲がり粘りのあるトルクフルな…

なんてな事になりますよね(汗)

そんなアングラーのワガママを全て叶えているのがこのGLXジグ&ワームシリーズ。

関東のオカッパリからリザーバー、琵琶湖や地方野池。 全国全世界、フィールドを選ばずストレス無くバスを相手に扱える竿だと声を大にして言い切れる程です。

いやはや。 改めて

このNewGLX。 ここまで軽く、もちろんバランスも取れていてファーストテーパーでもベリーまでバシッと曲がってバットは残る。

持った瞬間はよくある『キンキンで感動良好!でも竿先折れちゃいますけどね(笑)』ロッドのようですが、いやいや。 マジで凄い竿です。

ブランクスはもちろんでしょうが、ガイドセッティングとバランスの問題なのかな。

Gルーミスロッドのデザイナー“スティーブ・レイジェフ”が恐らく凄まじく良い仕事をしているのでしょう。

とにかく百聞は一見に如かず。 是非使って体感してみて下さい★★

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
トップへ戻る