FLAT SIDE 『デイビスカスタムベイツ ブラックマーケットバルサ フラットサイド』

たくさんのルアーが発売されていますが。

その中でもクランクベイト!

個性が光るルアーであります。

形状、ボディー体積、素材、ウエイト位置、ラインアイ、リップ、そしてカラーリング。

それぞれの組み合わせにより無限の楽しみが産まれます。

ルアーが産まれてきた意味は必ずあるはずです。

どんな思いでルアーを作っているか?

そんな事を考えて釣りをするのも楽しいひと時だったりします。

デイビスのフラットサイドのデザイン。

今回はフラットサイドクランク。

外見はデイビスらしい!

サイズ感はフラットサイドの中では一回り大きい感じです。

ひと目でわかるデイビスっぽさ。

やはり光る。

日本でもかなり流行りましたねフラットサイドは。

今は見かけないかな?

いいんです。

人は人。

自分は自分。

釣るのは自分です。

自分が狙っているバスを、自分が思い描く攻め方、信頼できるルアーで釣れたら最高なんです。

欲しいけどちょっと~!

自分もそうですよ!

でも値段が高い!(笑)

いやいやデイビスさん高いよー。

そんな風に思う方が多いかと思います。

ここは価値観の問題。

ルアーを製作したことがある方ならわかるはず。

ハンドメイドで、このクオリティーなら…

そうなるよねー。

自分で製作したことある方なら納得でしょう。

WECなんて安すぎですよ!

バグリ―さん凄すぎる。

もちろんバルサクランクを作るのは簡単ではありません。

ハマればハマるほど悩むのです。

まずはどんなルアーにしたいのか?

試行錯誤と技術を磨く日々。

1つのルアーを作るのにどれだけの時間が掛けられている事か?

そして、なんだかんだでバグリ―なんですよ。

じゃーバグリ―でいいじゃん!

そんな悩みを描いた方もいるでしょう。

そこで自分らしさをアピール。

バルサの粉にまみれ、ラッカーの匂いで体を悪くして。

それでも魚を釣って欲しいと自分らしいルアーを作る。

もっとビルダーさんの気持ちを汲んであげようじゃない。

キンだけでなく、心があるルアーもあるんだよ。

って説教臭くなる最近です(笑)

トップへ戻る