これがまた。 意外と使いやすいのです! 『バグリー ダイビングキラーB1』

丁度いいサイズ感と潜行角度

名は体を表す。ではないですが、ロングリップで比較的潜るんじゃないか? みたいな印象のダイビングキラーB1。

ところがバルサボディの恩恵でそこまで深くは潜りません。 1.3m前後がいいとこ。

水中での姿勢が若干前傾なのでスタックしずらく、ショートキャストでレンジを広く探れるクランクですね。

凄くいいルアーなのに

ユーザーが多いオカッパリの釣りにも凄く良いクランクベイトなんですが、残念ながら廃盤。。

タックルも誰しもが持ってるミディアムパワーのベイトロッドで問題ありません。

ラインはフロロなら最低14ポンド。 ナイロンなら16ポンドは欲しいかな。 あまり細いとリトリーブで伸びちゃって『何コレ?』ってなりかねないので(汗)

最近クランクベイトがよくメディアで取り上げられますが、専用ロッド、リール、グラスやコンポジット。 そんなワードに惑わされず、まずは自分のタックルでやってみて!

カバーに当てるだの千鳥アクションだの、そんなのは無視して大丈夫! 引っ掛かって無くすのは悲しいので、まずはボトムを触らない程度に潜るクランクから始めてみませんか?

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
トップへ戻る