3時間一発勝負! 負けないぞ!

午後からのお約束の前に

9時OPENの弁慶堀へ! 正午まで3時間の勝負だ!

既にネストが多く、それを狙うアングラーが多いので逆にチャンス!

いまだ一度も釣った事のないラバージグなるモノも持ち込んで、春のブラックバスといざ勝負!!

まずはお得意の

クランクベイトで様子見。 レンジをちょこちょこ変えたりするものの反応無し。

『凄く良いよ!!!』ってオススメしてもらったので持ち込んだOSPのHPFクランクも何だかな~って感じで。

1時間半程やっていて気が付いたのが至る所にバスが浮いてる。

クランクのレンジじゃないのかな? 恐らくノーシンカーのワームを落としたらササッと釣れそう。

だがそれじゃあアジが無いじゃない! よし、たまにはまじめに考えますかね!

※写真は先日弁慶堀で53.5cmのバスを釣ってノリノリなパパです(笑)

作戦変更!

いつもの自分なら面倒なので浮いてる魚に目もくれず“クランクで釣れる魚”だけを探しちゃうのですが、今日は魚に合わせてみよう。

水面まで伸びきらないウィードの上をスピナーベイトで流す。

しばらくやった所で2m程離れた場所から勢い良くアタック! そのままスピナーベイトを持ち去るヤル気満々バイト!

バシッと合わせてグリグリグリ。 サイズこそ大きくないけどお腹の大きな春らしいブラックバス。

狙い通りとは言え遊んでくれてありがとう! 一人で釣りに出掛ける時の話し相手は猫かバスです(笑)

弁慶堀でスピナーベイト

このフィールドで自分が選ぶ基準にしているのがルアーにトルクがあるか、どうか。

ウィローリーフのスピナーベイトはサラサラと巻いてこれるので、テンポこそ良いですが水を噛んで押すトルクが弱い。

ようするにスピナーベイトでボートを操船したいのです。

ローカルで自分だけがやってる変なルアーセレクトですが、エレキが使用出来ないからこそ効率よく釣りをする為に見付けた方法ですね。

クランクや他のルアーも選ぶ時に全て意識してます。

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。

スピナーベイトのカラーはいわゆるゴールドやシルバーではなく、昔から溺愛しているカラーブレード。

ウンチクっぽく解説すると、ブレードのフラッシングより存在感が気に入ってます。

あとは浅いレンジだとルアーが良く見えるし、何よりカッコイイ(笑)

岸からのアプローチや動力付きのボートならウィローリーフブレードでも色付きブレードの方を好んで選びます。

後は部品の多いルアーなのでワイヤーの角度やヘッドの形状、スカートの素材等々アレコレ付いて回りがちですが、やってることはどれも同じなので自分の使いやすいスピナーベイトで大丈夫ですよ!

自分はとにかくワイヤーが太く、フックも大きければとりあえずはOKです。

皆さんはスピナーベイト、何基準で選んでいるのかな??

2017年弁慶ルアー釣り大会日程

先日、今年の大会日程が発表になりました。

ルール自体に変更はないようですが、今年から決勝大会への繰り上げシステムが廃止になり、決勝進出権利を持っている場合は以降の大会には出られない仕組みになっています。

とりあえずは全試合エントリーかなー。 早い段階で決勝に出られる順位に入れればいいけど。。 こればっかりはやってみないとわからないので。

初戦のエントリーは5月7日の正午から。 興味のある方は是非参加してみてはいかがでしょう?

トップへ戻る