まずはフィールドへ! 釣りに出掛けなければ始まらない!

今週2回目の霞水系

前回の釣行から一日置いて木曜日、再度挑戦の霞水系!

朝一は強い北風と雨。 ネストを守るオス以外はプロテクトされた護岸に寄るかな? って思惑で。

さあ! 今日も張り切ってキャスト開始!!

ファーストフィッシュは安定の

霞名物キャットフィッシュ!

去年はあまり釣れなかったのですが、今年はよく出会います。

何ともグロテスクな見た目ですが、味はメチャ美味しいそうです(笑)

その後護岸を隅から隅まで流すも別の魚に触れるぐらいで本命の反応は無し。

移動!

対岸へ渡って

北浦から徐々に鰐川方面へ。

テトラのエリアはルアーは同じでもちょっと違ったアプローチ。

このロケーション近所の川と同じ。 慣れたものです。

テトラの中と言うよりかは外側のブレイクに絡んだ部分。 沈んで見えないテトラ。

それを意識してリトリーブ。 ん~パッとしない。 産卵後のメスバス、どこにいるのかな。

食事を挟んで最終ポイントへ!

ちょっと遅めのお昼は喜多方ラーメン。

最後のエリアは霞ヶ浦本湖の大人気ポイントにしよう。

夕方に到着してキャスト開始!

日暮れまでアレコレ脳ミソを働かせつつアプローチするも無念のタイムアップ…

この時期、難しいとは言え自分の無力具合いにいい加減腹が立ちます。

次回バス釣りは来週の前半。 気を取り直して負けずにチャレンジです!

そうそう、ルアーは約2ozのビッグベイト

この日もルアーは一択。 ここ最近これしか投げていないので当たり前になってますが、クランクのような無心で巻く釣りではないので体力使います。

ずーーーっと考えて投げてるので甘いものが食べたくなったり(笑) 確実に経験値として釣りは上達してるはず。

多々『そんなんじゃ釣れないよ』と言われるジャンルですが、それを実現してこそ自分が釣りをしている意味があるので。

フィールドに合ったルアー、コンディションに合ったルアー、季節に合ったルアー。 が、あるのは事実であって、もちろんそれを選ぶのがベーシックなルアー釣り。

自分で難しい選択をしているのは承知しているのでご安心下さい(笑)

いいだけ遊んだゲームを無謀な装備で挑戦してる感じですね。 バイオハザードをナイフと素手だけでクリアするみたいな。

霞水系でやるからには本湖や北浦にこだわりたいし、どうせ釣るなら大きくてコンディションの良い魚だけを狙いたい。

“メジャーフィールドで大きな魚を沢山難しい釣りで簡単に釣りたい”

バス釣りを続けているうちに自動的にここまで強欲になってしまいましいた(笑)

俗に言う一匹の価値は人それぞれですが、身の程知らずな魚こそ価値があると思ってます。

自分がここまでやって釣れないって事は、本当に釣れないんだろうな。 ま、また今度来よう。 そんな気持ち。

毎度の事ながらルアー、ロッド、リール、ライン。 この全ては120点。

あとは自分がどれだけ理解して魚を見付けられるか、道具を活かしてやれるか、集中してやれるか。

いつだって真剣。 大会は2位になるために出るわけじゃないし、結果を求められている以上ルアーを投げるために釣りに出掛けてませんからね。

今年はホントにバス釣り楽しいな。 それではまた次回をお楽しみに★★

トップへ戻る