いつもと違う角度から! オカッパリは足で稼いでナンボ! 今日は歩くぞ!

失敗をすることは耐えられるが、挑戦しないでいることは耐えられない。

マイケル・ジョーダンのお言葉です。

ホントそれだな~と。

釣れるのか。 どうなのか。

そんな事を考えている暇は我々にはないのだ! 考えるのはルアーを巻きながら。

今回は近所の河川へ! アラサー3人でオカッパリ!

始発で集合! 多少は慣れてきました

あまり朝早い釣りは得意ではないのですが、ここ数週間で正直慣れた感があります(笑)

この日も最寄り駅までは始発で集合。 弁慶堀の時もそうですが、移動の間にスマホゲームをやるのがささやかながらの楽しみ。

さて、集合してからは釣りモード! 長い一日の始まりだ。

カバーはテトラのみ。 ブレイクの寄った足元をメインで

相変わらず狙う魚は産卵後でカバーにフワフワと付いて一発で簡単に餌を食べたいメスのバス。

とは言えスローな展開は苦手なのでテンポよく広範囲をやって拾っていく感じですね。

朝一のエリアもテトラが続くポイント。 歩きながら時々猫と喋りながら。

昼食を挟んでからも歩く。歩く。

お昼前に見付けたレストランで早めの昼食。

その後は次なるポイントに向け、風の抜ける平坦な河川敷をひたすら歩く。

途中、入れそうな場所はササッとチェック!

日差しも強くてもはや夏(笑)

橋3つ分。 たどり着いた最後のエリア

約半日掛けて歩き、辿り着いたのは自分としても実績のあるポイント。

結果の出ているライトリグやスピナーベイト、クランクベイトは今日は無いけど魚はいるはず。

イメージは同じ。 その中で今日のルアーに反応してくれる魚を探す釣り。

『諦める事無く。』って考え方が嫌いで、やれることを最後まで集中してやる。 釣りたくて釣りに出掛けてるからね。

少しずつレンジを調節したり、スピードを変えたり。 トレースコースや地形変化に合わせて立ち位置も考えてみたり。

それこそ出し切ったところでタイムアップ。 修行の日々、いつまで続くのやら。

総移動距離約20キロ(徒歩)

いくら歩いたところで結果が出なければ意味のない一日。

ネコリグやスピナーベイト、ライトテキサスなんかでは釣果が出ているので魚はいる。

狙ってる魚が違うとは言え、釣れないのはいつだって悔しいし竿やリール、ルアーの良さを活かしきれていない自分の非力さを感じるばかりです。

『自分の魚がいないだけ』

と割り切ってしまうのは簡単ですが、この日も結果を求められる釣り。いつだって一番がいい

自分の性分的に納得いかないんだよなあ。

ライトリグだろうがスイムベイトだろうがクランクだろうが全ての魚をネコソギ釣ってしまいたい。 その為に選んだ道具なんだから間違いなく良いに決まってる。

またフィールドで竿を出して経験値を重ねるしかないですね。

今は自分との戦いです。 この日付き合ってくれたお二人、沢山歩かせてしまって申し訳ない(汗)

今日筋肉痛になるかな? と思ったけど、痛いのはショルダーバッグを掛けてた右肩だけ。 大丈夫、問題ないぞ。

明日の朝、また釣りに出掛けよう。 明日こそ納得のいくバスに出会えますように!!

トップへ戻る