エキストラハイギアのベイトリールにはこっちかな? 『BORED BSLG』

ギア比に合わせた使い分け

グリスやオイルの使い分けについて店頭やメールでのお問い合わせを多々頂きます。

正直『好きにせーや!』ってのが本心ですが、さすがにザックリしすぎなので一つヒントと言うかアドバイス。

リールを開けてメンテナンスするのって皆さんどれ位ですか? 週に一回釣りに行くとしてベースは3ヶ月に一回ぐらいがいいんじゃないかな?

そこで絶対的にオススメは先日リリースした『10グリス』

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。

ただしっとり感が強いのでギア比が高いと巻き感が重く感じるはず。

そんな時は今回のBSLGにしてみて下さい。

とは言え、HGやXGのギア比で軽い巻き感が重要なバス釣りってあるのかな? と正直疑問でもあります(汗)

ちょっと脱線して、ベアリングですら『遠投できるオイルや!』なんてこれみよがしな人もいますが、実際バスってそんな遠くにいる?

ほとんど水際から10m圏内のカバーな気がするし、もし遠くにいたとしてもその子を狙うのは効率悪くない?

まあ人それぞれやりたい事あるでしょうからあんまり言いません。 対岸のカバーをやりたい!なんて事もありますからね。

モノの良さを最大限活かしてソレを持続させる。それが10minutesでBOREDのみを使用している理由であり、ベストな選択だと信じています。

『うちもメンテナンスやってます!!』なんて言いつつ写真や記事に某スプレータイプのサビ落としや、スプレータイプのグリスオイルが写ってたりするとゲンナリします。

たかがバスフィッシング用リール。 されどバスフィッシング用リール。 せっかく買ったんですから、値段に関係なく快適な釣行の為にメンテナンスは入念に!

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
トップへ戻る