2017年第一回 弁慶堀釣り大会

大きくても小さくても負けは負け

ジャンケンでもボクシングでも。 草試合でもプロマッチでも。 1位かそれ以外か。 勝負は勝つか負けるか! そんな大会に勝つために準備して日曜日を迎えました。

朝の天候は曇り。 これからお昼に向かって天気は回復し、暑くなる予報。

出船順は一番最後尾の23番。

出船してから意図するポイントへ。 今日はここから動かない。 考え方としては道具や小手先でなく、自分の信じた戦略と腕、気持ちで勝つ。 脳筋プレーです(笑)

開始から30分ぐらいで一本。 この時ランディングの最中でリールの逆転ストッパーを触ってしまったようでバックラッシュ(汗)

糸を辿って漁師さんランディング。 結局この魚がこの日のベスト。

その後1時間程でもう一本追加。 釣り方も絞っているだけにキャスト数を多く、出来る限り多くを意識した釣りになりました。

ここから残り4時間弱。 もう一本が遠い展開になり、あっという間にタイムアップ。

結果2本で4位となりました。

自宅に戻り、振り返ってみると、朝一数メートルボートポジションがズレた事。

予備のベイトタックルを握った瞬間。

太陽を熱いと思って上着を脱いだ瞬間。

終盤他の場所に希望を求めてしまった瞬間。

いくつも集中力が切れ弱い部分がありました。

決定的なのが終盤の移動でしょう。

『ここを動いたら他の選手が入るだろう。 でもその選手がここで一本捕るより自分が一本捕る方が重要だ。』と自分に言い聞かせてる段階で終わってる。 昨日から思い返しただけでどうしようもないクソ野郎だなとイライラします(汗)

勝負は結果が全て。 言い訳になってしまうので自分の弱さを理解してまた次回、8日の大会でベストを尽くします!

昨日の状況で自分より多く大きな魚を持ち込んだ選手は素直に尊敬出来るし、素晴らしいと思います。

大物賞で頂いた商品券でラインを買い直してまた次回! 宜しくお願いします。

参加された皆様、弁慶堀スタッフの皆様、お疲れ様でした!

5 月 28 日(日)、 2017 年第一回弁慶ルアー釣り大会が開催されました。 今回は 24 名の方にご参加いただき、 11 名の方がウェイインしました。   優勝 増井康人さん 42 、 43 、 42 、 3 本合計 127cm ヒットルアー:...
トップへ戻る