コレも明滅! 色々考えて、わかってくる部分がありそう。

そうそう、この間の大会は…

開始早々のフックアウトからの負の連鎖。 掛かるけど捕れない。

ラインブレクやアタリだけでなく、全てファイト中のフックアウト。

ん~何となくではあるけど答えは見えてる、、かな?

持ち込まれた魚比較して自分の魚のコンディションは段違いに良好。

あと少しなんだけどな~、、練習しないと。 まだまだ先は長そうです。

釣れない言い訳はこの辺にしといて。 今回もルアーの考え方の話題。

ジッターバグに代表されるカップの付いたルアー。

コレ系のルアーって動きにロールのアクションが多く含まれてます。

例えばジャンルは違いますがペンシルもそう。

ちなみに自分が大会で使ってるライトリグもベースの考え方はザックリと明滅。

見えたり見えなかったり。 見えやすかったり見えずらかったり。

ルアーのアクションだけじゃなくて、釣り人の操作でそんな様にバスにアプローチすれば同じこと。

例えば!

“突然現れたルアーにリアクションバイト”があるなら、突然消えたルアーにも同じ事が言えません?

そんな事ばかり意識して最近昔の釣りDVDなんかを食事しながら見たり(笑)

もちろん道具や場所ではなく、その釣り人がどうやって何を意識してルアーを動かしているかを集中して見てます。

見ていると偶然の産物としてそのキーとなる部分が起きているのか、きちんと考えて釣り人が起こしているのかが一目瞭然。

上手い人は確かにいます。そのくせキャッチした魚を片手に『このルアーいいでしょう!!』ってな感じ。 いや~性格悪い(笑)

でも嫌いじゃないです。 それが彼等の仕事であって求められている事なんでしょう。

プロでなくともお店や釣り場で話していて、核心をついている人も何人かいます。

きっと死ぬほど苦労して一生懸命釣りしてきたんだろうな、、頭が下がります。

さて、明日も大会! コレが終わったら少し一段落。 また例のビッグベイトでいい魚を追い求める感じになります。

あのルアーもそろそろ公開になりそうな予感ですね! 今年のバス釣り。 なんだか忙しいですが嫌いじゃないです。

長々と文章だけの記事になりましたが、皆様今週末も良い釣りを!

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
トップへ戻る