カエルシーズンスタート!! 近距離で小場所ならポッパータイプがオススメ!『スプロ ブロンズアイポップ』

移動距離を抑えて

広いウィードマットやカバーでのフロッグゲームはもちろん。 葦際や岸からの近距離アプローチにポッパータイプのフロッグは向いてます。

いかにして存在感を魚にアピールしてやるか。 これですからね。

比較的小さなシルエットでも強めに存在感を主張出来るのもメリット。

バスに対してどうやってアピールするか。 ルアーとしての特性を活かしたアプローチでどうでしょう?

ちなみによく聞かれるのがフロッグはPEラインが絶対なのか? と言う話。

釣りにおいて絶対とされる部分は少なく、特にタックルセッティングは各々のフールドと自らのやりたい事で大きく変わってきます。

フロッグも同じく、攻めるシチュエーション的にPEが向いているだけであって、絶対PEラインでなければいけないわけではありません。
ちょっと小難しい話ですが、無理なく釣れりゃ何だっていいんです(笑)

バス界隈、雷魚界隈、トラウト界隈。 内水面の釣りって特に意識が見当違いの方向で高かったりするから何だかな~って感じ。

釣りもいわゆるオタクですから。 まあそんなもんなのかなって気がします。 興味ない人からすれば我々もキモオタですよ(汗)

それならもっとプライド持って良い手本になるような釣り人になりたいですよね。

と、最近気持ち的な部分で釣りに対する考え方を改めているのでした。

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
トップへ戻る