釣り人として、バスを釣りたい人として、ルアーとして。『エレメンツ ダヴィンチ』の魅力

釣り人目線からの魅力

先日、満を持しての公開となったELEMENTSの第一弾、Davinci。

同タイミングで公開された動画でも確認出来るように、まず斜めのジョイントが目を引きますね!

流線型のフォルムにキールの入ったスポーツカーのようなデザイン。

ルックスやギミックに関してはELEMENTSのオフィシャルな発表を待ちましょう。

そこで、自分は釣り人。 今回はその釣り人目線からDavinciの魅力と、ルアーとしての良さを語ってみます。

もうお気付きの方も多いでしょう。 そう、この記事。 長くなります(笑)

Davinciのアクション

いきなり真に迫る部分ですが、一言で特別“釣れるルアー”は存在せず、“釣れないルアー”も存在しません。

ボールが打てないバットはないのと同じように、存在する全てのルアーが釣れるルアーであり、釣れないルアーはない。 言葉遊びのようですが、実際そう言う事。

釣れるルアーなんてモノがあるならそれだけでゲームが完結してしまいますからね、、聞こえの良い言葉に騙されちゃいけません。

話を戻して、このDavinci。 最初にお話させてもらったように、いわゆるS字に動くルアーではないです。

アクションの質としてはロール。 その特性に斜めのジョイントが仕事をして前後で捻れるようなロールが生まれます。 捻れ、ツイストのアクションですね。

この動きがDavinciの一つ魅力。 同じレンジを使えるスピナーベイトやミノーとは違った役割が出来る部分。

ツイストによって大きくシルエットが変化し、バスに対して最大限興味を持たせることが出来るわけです。

また、Davinciのもう一つの特徴として背中に付いたラインアイ。 ここにラインを結ぶ事によっていわゆるバイブレーション的な使い方も可能。

ルアー自体はフローティング。 先端のアイに結んだツイストではサブサーフェイス、バイブレーションなら約2m。※距離やライン、巻き速度によって多少上下します

もちろんこのサイズでジョイントのバイブレーションとしても凄いですが、クランクベイトのようにリップに支配されず広いレンジをカバー出来る事が斬新であり、よりルアーとして効率的ですね。

自分が感じているDavinciの説明はこんなところでしょうか。 他にも細かなこだわりやギミックがあるので、それも含めてこちらもオフィシャルのアナウンスを待ちましょう!

なぜこのルアーなのか。 なぜDavinciなのか

ルアーを扱う上で最も意識する部分はレンジとスピード。 自転車はまたがって漕ぐ。 同じぐらい当たり前の事であり、基礎の部分。

Davinciのレンジを担うルアーはスピナーベイトやミノー、それこそバイブレーションやシャロークランクもそうでしょう。

こんな言い方すると怒られちゃうかもしれませんが、別にDavinciでなくてもバスは釣れます(笑)

それでもなぜDavinciを使うのか。 そこにバス釣りとして、釣り人として、昨今の釣り業界として、今一番必要な部分が集約されていると思います。

“ルアーの魅力”

一つのモノとしての魅力。 自分が釣り人としてこのルアーを信じられる一番のポイントです。

ELEMENTSの久家英和さん、永田吉生さん。 このお二人の努力とDavinciに対する想い、あとは人柄ですね。

生まれてきたルアーは何だっていいんです。 それこそDavinciでなくても。 もしかしたらスピナーベイトだったかもしれませんからね(笑)

それでも自分がDavinciを推す理由はこのルアーに込められたお二人の想い。 それに尽きるでしょう。

Davinciが他にはない動き、よりナチュラル、小魚のような動き。 間違いなくそこも魅力です。

ただ、そこからもう一歩踏み込んだ人間的な所。 自分以外にも複数人テスターの方々がいて、色々な方向からのフィードバックも詰まってます。

そういった部分にもフォーカスして楽しんでもらえたらと自分は思います。

そんな背景は恐らくこれからELEMENTSのブログの方で発表されていくでしょう。

発売まで楽しみがいっぱいですね!

あとがき

長々と今回も偉そうに語ってますが数ヶ月間、キャスト数で言ったら何千回になるのか。

サンプルから使わせてもらって記憶に残る魚を連れて来てくれたDavinci。

ロッドワークのコツやタックルバランスはお店まで聞きに来てください(笑)

一応まだ公開されている情報が少ないので、現状お話出来るのはこんなところ。

何よりELEMENTSを好きになってもらって、Davinciを使ってもらえると嬉しいです。

バスを釣るのにルアーは何でもいい。 けれど、どうでもいい訳じゃない。

自分がDavinciを選ぶ要素のお話。

最後までお付き合いいただき、ありがとう御座いました。

これから続々と公開される情報をお楽しみに!

トップへ戻る