ダヴィンチに次ぐダヴィンチ!!『弁慶堀で大会の練習』

前日は

ELEMENTSチームで焼き鳥! 福岡からのテスター様も登場で大盛り上がり!

他のテスターさんと初めてのご対面&お話だったので、使い方やタックルセッティングの話が出来てとても嬉しく思いました。

次回は釣りも一緒にやれたら嬉しい限りです!

それと某SNSで話題のドブンチの製作者さんもご来店。 本家と熱い?トークを繰り広げていました(笑)

今後の展開に期待ですね!

さて、ここからが本題

明けて翌日。 再来週に迫った大会の練習とダヴィンチの最終テストを兼ねて弁慶堀へ。

大会の練習内容としてはウィード内の確認。 テキサスとヘビダンを中心にウェイトを調節しながら反応を見る感じで。

ワームはベビーブラッシュホッグとスピードクロー。 何となくの予想は出来てましたが反応が悪い。

風が邪魔をしていた事もありますが、午前中使ってノーバイトはそう言う事なのか?

有りか無しの確認だったので、とりあえずこの作業は終了。

気を取り直してダヴィンチのテストへ!

タックルはお馴染み

NRX803C JWRにラインはナイロン20ポンド。 弁慶堀と言うフィールドに合わせこの日はいつもより一つ細いラインで。

ハードに使うミッションだったので弁慶橋の橋脚下を巻いていると係留しているボートの下から強烈バイト!

が、小さい(笑) このサイズ食ってくるのか…

それでもきちんとフロントフック! 小さいながらナイスファイトなバスでした。

気を取り直して。 キャストをしながらバスのご機嫌を伺う

ウィードエッジなのか、あからさまなシェードなのか、何もないフラットなエリアなのか。

ダヴィンチは抵抗も少なくテンポよく探れるので、サーチベイトとしてもかなり優秀。

この日テキサスでの反応が悪かった事も考慮してパラパラと点在するウィードを中心に探っていると、ダヴィンチを確認しにくるバスがチラホラ。

今年はやけに鯉やヘラブナ、その他の魚がウィードから出て泳いでいるのが見えるので、何か環境に変化があったのかな?

全域をダヴィンチで確認し、追加の一本!

蝉も鳴き始め、日差しが辛いこの季節でもダヴィンチはコンスタントに魚を連れて来てくれます。

他のフィールドでも日々テスター陣が釣っているので自分も負けていられないですね!

もう2つぐらい確認したい事が

大会まで残り僅か。 まだ幾つか確認しておきたい事があるので、次回はソレを中心にですね。

ダヴィンチがこれ程までに通用するのは正直嬉しい誤算なので、当日スタメン入りも考えています。

恐らくここまでイージーにバスが釣れるので、発売になったら結構な数の釣果の報告がありそう。

現状市場に出回っている同じサイズ感、同じ役割のルアーとは違う引き出しで楽しんでもらえそうです!

そろそろELEMENTSから公式の情報でダヴィンチのスペックなどなど発表されるかな?

その後に自分なりの使い方みたいな記事も書こうと思います。 タックルバランスなんかも気になるところでしょうし。

今週も気が付けば金曜日! 今週末も熱中症に気を付けてよい釣りを!

トップへ戻る