練習最終日! 釣れるのか? 釣れないのか? 全ては運次第! やるぜダヴィンチ!!

あっという間に週末

今週も早かったですね。 気が付いたらもう金曜日。

昨日は30日に迫る弁慶堀での大会の最終練習に朝から行ってきました。

天気は曇り。 ここ数日では珍しく気温もそこまで高くなく、過ごしやすい陽気。

学生は夏休みとあって平日にも関わらず多くの釣り人で賑わっていました。

午前中1時間ちょいは大会に向けて確認と練習。 午後はダヴィンチゲーム!

張り切っていこう!

前日の雨で

全体的に強い濁りが入ったこの日、朝イチはバス様のご機嫌を伺う為にクランクベイト。

上から下までレンジを変えると釣れる魚のサイズもガラッと変わる。

少し潜らせてやるとこのサイズが無限に釣れます(笑)

上はデルタプラス、ひとつ下は首なし妖精、もう一つ下はDB1、更に下がDBNって感じです。

更に言えば同じレンジでもルアーのサイズを変えるとまたサイズも変わってきたり。

ザックリ約10通りの選択肢って感じですね(汗)

システマチックであまり好みではない攻め方ですが、何より竿がイケイケなので苦になりません。

785C CBR。良ぃ~釣り竿です!

お待たせしました

ささっと午前の確認を終えて、やっとダヴィンチの出番!

強い濁りが入って釣れる気しかしません(笑)

イメージ、水押しと言う部分で弱いジャンルの釣りなので、濁りには弱いのかな? って印象じゃないですか?

自分も最初はそうでした。 でも、いっっっっっっっっっっっさいそんな事ありません!

はい。 今日も頂きました!!

針傷も無いグッドコンディションのラージマウスさん。 長さは45cmぐらい、重さは1.5kg前後かな?

ヒントは午前中のクランクベイトでした。

とにかく良い魚! 5年ぐらいすれば50cmを超えてくるかな? その時また遊んでもらいたいですね(๑´ڡ`๑)

バイブレーション

ダヴィンチにはラインを結ぶアイが2つ。 口先のアイはツイストのアクション、背中のアイはバイブレーション。

この日の魚はバイブレーション。 改めて考えてみるとフローティングでリップ無し、それでいて1.5m平均の潜行深度って凄いですよね。

フッキングもフロントフックがっつり! ダヴィンチで釣れる魚はフロントが口の中に入っている事が多いです。

その他のビッグベイトでもそうなんですが、世間的に追わせて食わせるってイメージが強いようで。 この辺りはちょっとキモに迫る部分なので、今は止めておきます(笑)

タックルセッティング

ロッドはもはやお馴染みのダヴィンチスティック(仮)。 GルーミスのGLX 804C JWR。

ラインはナイロン、シルバースレッド25ポンド。

リールはアルデバランMg7です。

レンタルボートや小規模なフィールドでやるなら6.8フィートの竿は取り回しが良く、低い足場や狭い環境でもキャストとロッドアクションにストレスが少ないですね。

ちなみに、オカッパリや遠投を意識するなら同じくGLXの844C MBR。

804と同じヘビーアクションのロッドですが、若干テーパーがマイルド。 長さは7フィートになります。

グリップがストレートで好きな人多いんじゃないかな? ダヴィンチスティックバンク(仮)としましょう(笑)

本日公開!

つい先程、ELEMENTSのお二人が出演するインタビュー動画がアップされましたね!

発売はもう少し先。 最新号のRod&Reelではいち早くインタビューと写真の記事がカラーで掲載されています!

少しずつ確実にダヴィンチの知名度も広がっているので、フィールドで見掛けたら気軽に声掛けて下さい(笑)

実物を見て動かしてもらった方がルアーの魅力が伝わると思うので!

それでは今日は花金!←

ラスト一日頑張って週末、良い釣りをしましょう!!

トップへ戻る