最近は伸び具合いが気になってます『ユニチカ シルバースレッド』

太いラインは伸びにくい

バスの口って意外と硬いんですよね。 それこそ1/0クラスのトレブルフックを返しまでバッチリフッキングするのって結構力がいります。

そんな時、竿はもちろんですがラインの伸びでフッキングの力が吸収されてしまうのが近頃気になっておりまして。

そこまでシビアに考える事ではないのですが、まあモノは試し! 勉強半分色々考えてみてます。

掛かる時はフッキングなんてしなくても勝手に針掛かりしてるんですけどね、、ほとんど運に近い事ですが、やれることはやる!魚釣りたいですからね!

そんなフッキング問題を抱えているのはビッグベイトのゲーム。

竿の弾力、動くボート、伸びるライン、刺さるフック。 まあ色々な要素があるわけです。

その中でもラインはフッキングもそうですが、ファイト中のブレイクやキャスト切れなんかも避けたい部分。

前置きが長くなりました(汗)

そんな最低限の事を最大限再現してくれているのがこのシルバースレッドのシリーズだと思っています。

自分はグリグリ巻く釣りには16~20ポンド。 ビッグベイトには20~25ポンド。 で、使っていますね。

今回! お気に入りのアンブッシュシリーズに25ポンドのラインナップを追加しました。

中身はいわゆるオリジナルのシルバースレッドSARと同じ。 ラインのカラーがブラウンになっています。

その他違いはアンブッシュは1ケース150m巻き。 75メートルにマーカーがあり、ボビンに平行巻きされています。

大きく釣りに影響する部分ではないですが、2色選べるならそっちの方がいいでしょう!(笑)

言ってしまえばブラックバス。 対象魚として大袈裟ではない魚なので、神経質になり過ぎは禁物!

引っ張れば針が伸びるぐらいのタックルバランスで考えていれば大丈夫でしょう!

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
トップへ戻る