リールのカスタムでちょっと一言

本当にソレ。 必要ですか?

メーカー純正を始め、今やカスタムパーツメーカーなるものも存在する程にリールのカスタムが身近なものとなってますね。

自分もロッドのスレッドに合わせてアルマイトパーツを付けたりしてました。

いや、それは別に問題ないんです。

今回あえて記事にしようと思ったのが、オーバーホールの作業を受けていて自分で組み込んだのか、きちんとパーツが入っていなかったり。

サイドフレームを固定するネジまでアルミのネジにしてしまい、頭がナメて外れなくなったり。

改造は自己責任とはよく言ったものだなと。。

ちょっと失敗しても命に関わる事は無いでしょうが、適当な工具でシビアな作業をしたり強引な作業は破損や使用に支障をきたすので本気で注意して下さい。

あとはハンドルですね

純正とは別で、ロングハンドルに大きなノブを装着するのも最近は増えてます。

主にビッグベイトを使用するリールで多いですが、これも考え方次第。

一番多く見受けられるのはハンドルを長く、ノブを重くしてしまったが故にキャスト時にハンドルの慣性でクラッチが戻ってしまい、キャスト切れやリールへのダメージになってしまっているケース。

特に釣り人が右利きで左ハンドルのリールに多く出る症状ですね。

確かに巻き抵抗の大きいルアーや、しっとりゆっくり巻いてくる釣りを必要とするシーン。 そんな時は思ってる以上に便利なハンドルです。

ただ特にカーボン素材でハンドル軸との接点が削れて緩んでしまったり、色々ネガティブな部分は実際はあります。

それでもしっかり考えてメリットを活かせるなら便利なオプションだとは思うので、それこそ自己責任ですが取り入れるのは悪くないかと思います。

特に琵琶湖なんかではファイト中ハンドルを回せない程の魚がいるみたいですから。 そんな時、金属でしっかりとしたパワーハンドルみたいなのは有効なんじゃないかな? とも思いますね。

関東ではまず無いですから。 いつかそんなリールが壊れるようなバスと対峙してみたいものです!

それと最近多いPEラインを使ったバス釣り

ナイロンやフロロより細い号数でもひっぱり強度が強く、急激にバス釣りにも広まってるPEラインを用いた釣り。

偉そうな事を言う訳ではないですが、コレって思ってる以上に理解して使わないと竿とリール、最悪フィールドや人間にもリスクのある選択になってしまいます。

ラインにほとんど伸びる性質が無い為、ベイトリールではスプールシャフトやスプール本体の歪み。 メーカーによってはレベルワインダーの部分へのダメージも確認されてます。

それと引っ張ってもほとんど切れる事が無いので、根掛かりした際の処理方法。

オダなどに引っ掛かってしまい、水面や手元で切ってしまうと半永久的にラインは水中に残ったまま。

そうなるとそこにまた他のルアーが引っ掛かり、そのストラクチャーは単なる水中のゴミ溜めになってしまいます。

フィールドの清掃が活発化する一方、こういった眼には見えない部分への配慮もメーカーやプロと言われるスタッフは訴えかけなければいけないんじゃない?

恐らく皆が太くて強いラインを使い始めたらルアーをロストする確率も減り、ラインも長持ちしてモノが売れなくなるので見て見ぬふりでしょうが。。

PEを使うならどんなにライトでもタックルバランスやショックリーダーの意味。 道具への負担もしっかり考えて採用した方がいいんじゃないかな? って思うのが正直なところ。

根掛かりしたらタオルや専用の道具に巻き付けてしっかり引っ張って外す。 みたいな部分まで責任持ってアナウンスしてほしいなとも思います。

ソレもコレも目先の利益だけ考えてパワーフィネスだのPE虫パターンだの、必要としていない人の前にまで迷路を配置したメーカーが悪いんですけどね。

それに乗っかってるメディアやお店もどうかと思いますが。

それで今までちゃんと理解して使ってた人にまで被害がいってるわけですから。 知識のないユーザーをカモにした恐ろしい商売ですよ。ホント。

話が脱線しました。

ラインの選び方もしかり。 道具立て、タックルバランスはその釣り人がどうやってバスにルアーを届けたいか。 それに尽きると思います。

しっかり投げて、思い通りに動かして、バッチリ掛けて、ちゃんとキャッチする。

この一連の動作が最重要であって、カスタムはコレをクリアしてからであってほしいなと。

何百台、千台に届く程リールを開けてオーバーホールさせてもらってる自分自身からのお願いですね。

壊れてからじゃ遅いので、買ってから半年。 最悪一年に一度はオーバーホールを。 最近プロの対戦企画の動画を見ていて使ってるリールからするノイズや異音が酷くて見ていられない程です。。

余談ですが、この記事を書いていて昔車好きの父親が『走りに関係ないチューニングはクソ』って言ってたのを思い出しました(笑)

リールメンテナンスサービスのコンセプト 10minutesのオーバーホールは一番にリールを長い間、いい状態で使えるのを目指したオーバーホー...
トップへ戻る