何で釣れないんだろう? 単純な疑問こそ次への一歩かも知れませんね!

いや~いるもんですね

こんな事言える程エラくも何ともないですが、ホント珍しく『自分のやってる釣りってどうなんでしょう?』って聞いて下さったお客様。

ヒラマサ組だとたまにいるんですが、バスではほとんどいないのが現実。

釣れない、思い通りにいかないとやはり竿、リール、ルアー、フック、ラインなどなど。 道具のせいにしてしまっている人多いです。

そこを疑うのは悪いことではないです。 それでも最重要なのは釣れなかったその日、バスは見えていたのか?

具体的に眼で見えているではなく、想像の中で自分の狙うべき魚が見えているのか。

『この間行ったんですけど釣れなくて。 何でなんでしょう?』

自分たちより絶対年上なのにも関わらず、変に凝り固まったプライドも無く素直に聞いてくれる。

自分が上から目線とかではなく、釣り以外もそうあるべきなんじゃないかと思います。

わからない事があるなら聞いてみる。 その人を信じるなら素直に受け入れて試してみる。

たったそれだけの事。 簡単な事なんですけどね。 少しかじってると余計な知識や自我が邪魔をして素直に受け入れられないものです。

それでも自分がどうしたいのか、何をしたいのか。

釣りをしているなら魚を釣りたいはず。 更に言えば自分の狙った魚を狙い通りに釣りたいはず。 そんな魚を求めているはず。

道具の自慢やウンチク、頑張ってる感を認めてもらいたいが為に釣りをしているわけじゃ無いと思うんです。

まず自分を認めて『どうしてなのかな?』そんな挫折に近い疑問こそ最大のチャンス。 自分がまさにそうだったので経験者は語るです(笑)

『こいつエラそうに』って思う気持ちもよくわかります。

ただ!もしももっと釣りたいなら柔軟に、脳ミソをスポンジにして好き嫌いせず聞いてみましょう。

自分の成長の為に、使えるモノは素直に全部使えばいいと思います。

なんて、嬉しい出会いがあったのでつい書いてみました。

そして人のこと言ってる場合じゃないです。 明後日はまた霞ヶ浦。

しかも少し特殊な条件での釣りなのでまた難しいですが、やるからには本気でやります!

いや~バス釣りもまだまだ捨てたもんじゃないですね!

トップへ戻る