クランクベイトに求められる使いやすさみたいな部分が凝縮してるド定番『ボーマー モデルA B06A』

潜行深度は2m前後ぐらい

岸釣りでもボートでも、距離投げれば潜って至近距離なら潜りすぎない。 いわゆる丁度いいクランク。

ここ最近ラッキークラフトのRTOやLC、RCシリーズが改めて注目されてますね。

恐ろしく今更感ですが、実際アレも使いやすいクランク。

ストライクキングのKVDシリーズも同じく投げやすく、適度に手元に伝わるブルブル感。

と、まあクランクって正直語ること少ないんですよね(笑)

選ぶ基準で一番気にするのは潜る深さ。 次に潜る角度。 次に巻けるスピード。

これ以上気にしてたら夜になっちゃいます(;・∀・)

ボックスの中で一つずつを理解していれば今、どのクランクがベストかが自ずとわかるはず。

ボディを横から水平に見て付いてるリップの角度、糸を結ぶアイの位置、リップの形、その辺りで区別できると思います。

タックルバランスなどなどもありますがシャロークランクをやる場合、自分的にはしなやかなカーボンの竿でリールは6:3みたいなノーマルのギア比、ラインはナイロンの16から20ポンドぐらいがしっくりきます。

この間面倒くさがって巻きっぱなしのフロロラインでやったらいつもと違った感覚で気持ち悪く、集中できないのでやめちゃいました…

最終的には自分が使いやすい、集中出来る道具がベストです。 魚を釣るのはアングラーだと言う事を忘れずに!

最近狙いすぎ? かな? どうも思うように釣果が出ずモヤモヤしてます(笑)

カッコつけてる場合じゃないけどなぁ、ん~難しいところです。

そうそう、ダヴィンチでも釣らないと! そろそろ一匹ぐらいどうでしょう? 霞ヶ浦さん。

『仕方ない』ってのが一番悔しいんすよね(笑)

釣りに絶対はない。 そんなのは皆同じ条件であって、その中で自分の魚を証明出来るのが一番カッコ良くないですか?

そんな自己満の世界ですが、明日も狙って霞ヶ浦頑張ってきます!

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
トップへ戻る