ヒラマサトップゲームに! 『マッドキャップブロス ジャックポット180HFS』

海で使われるダイビングペンシル。

現在はウッド素材のルアーが少し優勢かな?

でも、もっと海のルアー釣りがポピュラーになれば、おそらくバスと同じような感じになると思います。

需要と供給のバランスですね。

絶対的アングラーの人数がバスよりまだ少ないからいいんでしょう。

ただ、ウッドにもメリットがあるんですね。

それは、形にするのが容易って事です。

自分のアイディアをすぐに形にできる。

修正も容易にできますしね。

まだまだ発展途上の海のルアーフィッシング。

ウッドルアーはまだまだ活躍してくれると思います。

今回の入荷は180HFSです。

ベーシックなジャックポットがあって、それのスリムボディータイプですね。

私はこのスリムタイプが自分のしたい事にピッタリなので、このルアーを使う事が多いですね。

に対して、もう一人のテスターさんは逆にワイドタイプを好んで使用してますね。

おもしろいですね~。

さて、私ここについて探求していました。

まぁ~いろいろとやってましたからね。

ノーマルもスリムもワイドも。

そして導き出した自分なりの回答が出来上がりそうな感じです。

このダイビングペンシルのジャンルもいろいろと言われてますが。

ラインアイとメインウエイトの位置って基本的にどのルアーも一緒ですよね。

つまり…

って事です!

違う点はウエイトを分散型の物。

ボディーの質量と素材による浮力の問題でしょう。

ちょっとマニアックな釣りの話になってきました(笑)

では、どんなタイプがいい?

残念ながら答えは人それぞれって事です(笑)

ただ、このルアーの小さな違いをしっかり理解する事が魚を釣る近道なのかなって?

それに伴い、タックルバランスがかなり重要になってきます。

いろいろと試行錯誤は楽しい物です。

話はとんでもない方向へ行きましたが(笑)

今回は3色の入荷です。

Yellow Fin

Chart Head Blue

Wafoo

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
トップへ戻る