ご依頼いただいているリール中継です。 東京でリールオーバーホールできる店舗になります。

さて、昨日ライフジャケットの記事を書かせていただきましたが。

思ってる以上に個人的に連絡が入って。

ライフジャケットこの話は去年ですかね話題にはなりました。 もう、みなさんご存知だとは思います。 そうそう来月からライフジ...

まぁー安全面を意識するようになったのはいい事だと思います。

電話で話してラインで画像のやり取り。

これ大丈夫かな?

なんてやり取りをさせていただき。

私と同じく残念な方が数名…

夏休みの宿題状態です。

話の方向が変な方向にむきますが、最終的に免許保持者の船長責任になりますので。

船長に迷惑を掛けないように、最低限でルールで決まった物を着用しましょう。

せっかくの機会なのでプラスアルファで相談していただいた方は、第一に命ですかね。

何があるかわからないですから。

値段ではなく、選べる中で私なりにしっかりと安全面を提案させていただき、ご注文いただきました。

ルール上は桜が付いてタイプが適合したものであればOKです。

ただ、いろいろなタイプが出てますからね。

水圧感知式、自動、手動、サスペンダータイプ、ウエストベルトタイプ。

って手動タイプもOKなんかい!!!

って突っ込みを入れたい私でした。

このネタも突っ込みどころ満載ですが。

結局はファストオーダーの策略なんだろうな~(笑)

リールオーバーホール作業が進んでおります。

まずはクリーニング作業ですかね。

これが以外と厄介です。

塩、泥、頑固な汚れ、古いグリス。

作業的にも一番時間がかかる作業です。

こちらのリールは油膜切れです。

これ以上放置したら、パーツ代がかなりかかってしまう状態ですね。

自分が思ってる以上に深刻な場合が多いです。

早めに作業のご依頼ください。

ご依頼が多い大型スピニングの方もコツコツと作業させていただいてます。

過酷な状況で使われることが多いので。

大型リールはオイルっけしっかりで作業させていただいています。

巻いた感じは粘りっけが強い感じになります。

こちらも、お預かりするとパーツが固着しているリールが多いです。

悪くなる前に早めに作業のご依頼をお待ちしています。

トップへ戻る