『Gルーミス NRX GLX』 ルーミスのおすすめクランキングロッド

バスロッドとして非常にバランスのいいGルーミス。

いいバスロッドとは?

それは人それぞれでいいかと思います。

ただバスロッドの世界基準はGルーミスでしょう。

スタンダードなバスフィッシングを楽しむなら間違いないロッドです。

GLX NRX 803C JWRの比較

68のレングスのMHパワー。

癖がなく普通のテキサスロッドって感じでしょうか。

ここから虜になる方も多いモデルです。

さて、NRXとGLXの質問が多いので。

表示のスペックは一緒です。

ガイド数、ガイド位置もほぼ変わらないですね。

SICリングの物は口径も一緒かな。

違う点はガイドフレームの形状。

どちらも軽量が売りのチタンフレームです。

NRXの方がデビューして時間がたっているのでガイドはその時の主流の物です。

GLXはPEラインの普及によりガイドをトラブルが少ないとされるガイドに変更されています。

ちなみに私はバス釣りでPEを使う事はほぼないのでどちらでもいいかな?

見た目の大きな違いはここですね。

リコイルガイドかチタンガイドかってところでしょう。

ここ、純粋にリコイルガイドの方が軽いって考え方でOKだと思います。

私はブランクを作ったことが無いので高弾性とか低弾性とかはわかりません。

何トンカーボンとかも弾性率の違うカーボンシートを使い、軽いブランクでのテーパーの作り方も知りません。

確かに興味ありますが個人では無理かな。

なので、知らない事は話しません。

さて、ガイドですがかなり重要な要素です。

軽いガイドのメリットはあります。

じゃー大きいサイズのリング系やステンガイドはダメか?

それはないですね。

ガイドも軽きゃいいってじゃないのは確かでしょう。

自分が何をしたいかが大事ですね。

カラクリです。

重いロッドって評価されずらい時代です、軽い方へ時代が流れています。

もちろん軽いに越したことはないですが、何故軽くしてるかが大事かなと思います。

クランクなんかは…

もちろん重心もあります、平行に持った時軽く感じる、ティップが上の時軽く、下の時軽く。

どれがいいですかね。

いつもの事ながら脱線です。

只今、GLX、NRX共に803C JWRは在庫ございます。

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。

個人的にはテキサスするならNRXが好きですね。

イメージですが803は1/4~3/8ozぐらいのウエイトにベビーパカクローやスピードクローが使いやすいです。

Gルーミスのクランキングロッド

最近、こちらもお問い合わせが増えています。

クランクロッド。

以前はあったんですがね。

王道は783CBRですかね。

現在お持ちの方は大切に使ってください。

そうです。

もう、作っていません。

おそらく、需要がないんでしょうね。

クランクってリップがあるから疲れちゃいますからね。

スイミングワームの方が巻いてて楽ですからね。

ピンスポットがわかってりゃテキサス入れた方が答えは早いですしね。

巻いてナンボですクランクベイト。

って言っても、個人的に楽しい釣りしたいならクランクロッド欲しいですよね。

残念ながらルーミスはないので、他のメーカーさんで私がいいと思うロッドのご紹介です。

意外と思われるかもしれませんが。

クランクだったら、ダイワさんの『スティーズ マシンガンキャスト タイプ1』

6.6のレングスにMパワーです、これはいいロッドだと思います。

当店では扱ってないけどおすすめです。

トップへ戻る