『リップルフィッシャー セルフィッシュ』 スタンダードタイプ4機種

残念ながら昨日は時化の為に出船中止。

最近は天気図と海水温を毎日チェックして頭で妄想の日々ですが。

結果、火曜日しか行けないって現実。

でも、自分なりに考えて照らし合わせながら。

ニヤニヤしている日々は続くでしょう~(笑)

リップルフィッシャーセルフィッシュのスタンダードシリーズが入荷してきました。

622、613、614、615。

『ジギング』

これも奥が深すぎて。

どこから考えて行けばって思う事も多々あります。

なぜに鉛の塊に魚は口を使うのか?

すごいシンプルに意味不明な魚の行動。

メタルジグを落としただけでも、ただ巻きだけの時も反応する魚はいます。

更にの要素を求めるとロッドワークが必要でしょう。

そんなロッドワーク。

当たり前ですが、同じルアーを使用してもロッドが違えば別物の動きになるでしょう。

イメージはザラスプーク。

簡単に言えば、柔らかいロッド、硬いロッド。

どちらでもいいかと思います。

最後は自分の考えとの答え合わせ。

このセルフィッシュ。

簡単には一体感は得られないかと思います。

そう、とてもわがままなロッドだと思います。

でも憎めない。

時間と共に現れる不思議な感情。

道具を理解しようとする気持ち。

いろいろと、このロッドに教えてもらったのは事実です。

トップへ戻る