『WEC Custom Lures E-3 WECカスタムルアーズ E-3』 ルアーの教科書。

だいぶご紹介が遅れましたが。

暖かい本日なのでこんなタイミングで。

ラストE3

全部で10個ぐらいですかね。

これで当店の物は最後になります。

アメリカルアーの中でも群を抜く綺麗な仕事。

ただウッドルアーの味は残しつつ。

丁度いい塩梅がWECでしょうか。

WECは少し他のルアーと比べたら高価です。

値段が高いからと言って特に釣れる事もないです。

では何が魅力なのか?

間違いなく誰でもマネできる事でしょう。

プラ、樹脂、木。

誰でも簡単にルアー作りをできる素材が木。

続けていればWECに匹敵するぐらいのルアーは誰もが作れるよになる可能性がある。

そして感じるでしょう。

WECはスゲーって。

こんなルアーの見方もあります。

もちろん使ってボロボロにしていただくのが本来ですが。

資料として眺めるて触って考えてみるのも、このルアーの使い方の1つかもしれませんね。

しっかりとした先代の技術や考え方を学んで、次の世代に釣りを繋げていけたらと思います。

トップへ戻る