サスペンドするバイブレーション! 『Cotton Cordell / Suspending Super Spot C25』

意外と無いんですよね

知ってる限りでは数種類しかないサスペンドバイブレーション。

その名の通り沈みきらず中層でサスペンドするバイブレーションです。

ここからは完全に個人的マイウェイ釣法!特に霞水系で自分が使ってるイメージです。

考え方としてサスペンドバイブレーションって対オープンシャロークランク的な感じ。

クランクをあえて投入するタイミング、カバーが多く根掛かりなどのストレスを回避する時。それならカバーが無ければどうするか?

恐らくはスピナーベイトや通常の沈むバイブレーションでしょう。そこで登場するのがこのサスペンドバイブレーション。

・フォールが遅く、キャストした先で根掛かりにくい。

・シャロークランクのレンジを速すぎないスピードで通せる。

・スピナーベイトより抵抗が少ないので疲れない。

・同じくスピナーベイトよりも空気抵抗が少なく、キャストも容易で風の影響も少ない。結果手返しが良くなる。

以上の要素で比較的オープンなエリアはサスペンドバイブレーションの出番が多いです。

きっとデザイナーは“こんな使い方で”みたいなイメージはあったでしょうが、霞ヶ浦などで岸からのアプローチだとこんな感じです。

もちろん皆さんのフィールド、野池やリザーバー、大小河川でもピッタリな使い方はあるはず。

この記事を読んで「お!?」って閃いたら是非お試しを★★

オンラインショップ

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
トップへ戻る