ジャークベイトの不動の帝王 『スミスウィック ラトリンログ ARB1200』

自分の記事はジャークベイト3連発!

4発までいこうかと思います。

ログもせっかく各色入荷したので。

熱いファンが多いログなので突っ込んだ話はしたくないですが(笑)

ちなみに自分はこのジャークスタイルは好きだけど…

今は基本の釣りには取り入れません!!

なぜなら?

疲れるから(笑)

自分の通う釣り場だったら非効率かな?

それと魚のサイズを選びずらいって事(グルメなんです。)

ジャークしなくたって簡単に釣れるバスは沢山いると思いますし。

散々ジャークベイトを使った結果ですね。

ワザワザって感じですかね…?

ただ、おもしろい。

これは確かです。

ロッドワークを駆使しますからね。

ちなみに自分は6.8ぐらいの長いロッド派です。

大事な事は自分がどうやってルアーを操りたいかです。

しっかりとした自分の理論があるのであれば。

人は人!自分は自分!

ショートロッドだからできるアクション。

ロングロッドだからできるアクション。

ただそれだけの事です。

でも、いろんな意味でジャークベイトから感じられる事は多いです!

この釣り方も後々にルアーの思想を開花させてくれる要素はたくさんあります。

釣りが上手になりたい!って思ってる方。

ルアーフッシングをしっかりと理解したい!って思ってる方。

ぜひ取り組んで頂きたい釣法です。

いいルアーだなぁ~♪

ラトリンログの種類が多くてわからん!

入荷したログは定番のARB1200ってタイプです。

ログって言ったら大体の方がこのモデルを想像するかと思います。

4-1/2”サイズのボディーに1/3ozのラトル入り。

これね何気に種類が多いし、見た目似てるしわかりずらいんですは。

現状で出ているモデルは。

ARB1200のちょいとリップが大きいモデルがADRB1200(安心してください、そんなに売ってないです!でも10minutesはあります!)

サスペンドモデルがASDRB1200(これもあまりないです)

最近だとエリート8とかパーフェクト10とかもでてややっこしい感はあります。

昔もAB1200、ASJRD1200、ARC1200、ARAとかあったし、まぁー変わらないか?

ここらのモデルは買いあさったなぁ~…

青春の日々だ!

話を戻してARB1200

このルアーは天使ですね。

ルアーフィッシングを教えてくれるルアーですわ。

このルアーに出会って変わった方も多いはずです。

道具の事から、釣り方、ルアーアクション、カラーのことまで!

この話も長くなりそうなので…

続きはお店で!(これ気に入ったのでループしようかしら?)

世界で長い間、愛され続けてるのもその理由でしょう。

このジャンルのルアーで追随してくるルアーもないですからね。

へドンのザラと同じ感じでしょう。

『これ以上はない!』

ジャークベイトの完成系がARB1200なんです。

リップの角度、ボディーサイズ、ウエイト、浮力、形状。

文句なし!

何でもそうですが、しっかり使い込まないとダメですよ!

フックサークルの跡がガッツリついてメッキが剥がれるぐらい投げてみてください!

結果、飛ばないって思う方も多いと思います。

そこがいいとこなんです!

そこがミソなんです!

続きはお店で!(笑)

トップへ戻る