簡単に折れないロッドはダメですか? 『Gルーミス GLX 802C JWR』

竿を折った時のテンションの落ち具合。

あるかと思います。

自分も何本折った事か。

嫌ですね。

ロッドが折れるの。

ティップランのロッドとかボキボキ折りました。

踏んづけたり、挟んだり。

これは折れます。

自分が悪いっす。

でも、キャストした時に折れる。

スゲー嫌。

テンションがた落ちですよ。

これは絶対に共感してもらえるかと思います。

さー琵琶湖だ!

ラバージグをリギングして。

キャスト…

あっ…

折れた…

まじかよ!

ヘビーパワーよ。

買ったバッカリよ。

って仲間がいました。

でも、自分は正直に言いました。

そりゃー折れるよ!

折れそうだもん。

ここは難しい所です。

何となく折れそうなだけ。

釣り竿ってなんとなくになっちゃうんですよね~。

折れないロッドなんてないですからね。

対してGルーミスは?

何となく折れなそう?(笑)

これもなんとなくです。

折れそうより、折れなさそうってロッドの方が自分は好きです。

これは自慢ですが。

お店で販売しているルーミスは未だに不慮の事故以外ではロッドが折れたって事は1度もないです!

さて、大人気GLX。

802C JWRは6.8”のミディアムパワー、EXファーストテーパーです。

リールシート。

Kガイド。

グリップエンド。

お店の方で、これでもかと曲げられるGLXとNRXのサンプルロッドがありますので。

納得いくまで自由に曲げてください。

さて、ここで問題になるのが値段。

GLXは確かに値段が高いです。

でも、これは考えようです。

5年使えば年間¥10000です。

踏んだり、挟まなければ、最低でも5年は使えるかと思いますGLX!

トップへ戻る