今では入手困難ないい時代のウッドクランクベイト達の入荷です。

興奮しました昨日は!

久しぶりにかっこいいルアーを仕入れられました。

だいたい古いもので30年前ぐらいのルアー達でしょうか?

どれも、クランクベイトの歴史に名を刻んでいるローカルルアー達。

さて、このルアー達。

投げて巻けば釣れます。

だって針が付いてるルアーだから。

では、どんな場所で、どんな感じで、どんなタイミングで使うとハマるのか?

そんな事を紐解くのも楽しかったりするもんです。

さー日本でハマる事はあるのか?

このメーカーは現役? ポールアーズ(Poe’s Lure)

ぎりぎり生き残っているパックマンアイで有名なポールアー。

確かではないですが最後のバスルアーシリーズ400も今は廃番になってたかな?

残るはパイク狙いとかの大きいルアーのみだと思います。

東京湾のボートシーバスなんかではポーのジャックポットを使用してる方は少しいるのかな?

あの方のネームが入っている事で有名なルアーですね。

『RC』そうリッククランです。

RCはここからですかね?

今ではRC-1とRC-3どちらも見かける事はないでしょう。

知っている方がいたら教えてください。

アメリカンルアーあるあるで。

どちらもRC-3のボディーなんですが…

リップが…

上のモデルがいわゆるRC-3

下はWhat?

何となくリップの角度の取り付けミスのような気がしてますが?

知っている方がいたら教えてください。

わりと新しいスタンフォードルアーズ(Stanford Lures)

クランクベイト屋さんのイメージから反対方面へ。

こちらのメーカーはギリギリ存在ですかね?

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。

今はこんなルアー作ってます。

でも、これがスタンフォードのイメージですね。

間違いなくフラットサイドブームを作ったルアーのひとつ。

このルアー達、私も強烈にハマってました。

アメルアのフォイル貼りって好きなんですよ私。

ただそれだけ(笑)

当時はこのルアーもいい値段してましたが、最後は残念ながらワゴンな印象であります。

このルアーもいろいろ言われていますが。

個人的にはフラットサイドなのに使いやすい印象を受けたルアーですね。

フラットサイドブームの一角フラットシャッド(Flat Shad)

このルアーたちも入手困難系ルアーですね。

このルアーはホントに難しい!

目で見てわかるバラつきが多すぎる?

まぁーどれが正解ってのはないですが。

噂のフラットシャッドは初期モデルでしょう。

よく言われているのがリップまでペイントしてあるものが初期の物って言われてますね。

これ私は好き名作ソニーB、好きな方はごっそり購入するリトルB、私は苦手なリトルPT。

人気な3モデルですね。

このルアーも好きな人多いですねオウサムベイム(Awesome Bait)

こちらのルアーもリッククランパケでおなじみのルアーですね。

これも私は使ってみたくて探したもんです。

使っては壊れて、探して壊れて(笑)

今、私の目の前にこんなにあるなんて夢みたいです。

っても、このルアー品番が覚えるのが大変で。

私が売らずにとってあるのは404と103かな?

っても175が好きだった変わり者の私でした。

日本だとタイニーシリーズが人気なテネシータフィー(Tennessee Tuffy)

私も初めて見たタフィーです。

リップにTT。

ほんとに初めて見ました。

ってもかなりマニアックなクランクベイトである事には違いがないタフィー。

ダム湖に通っている方が好き好んで使っている印象ですね。

そうそう。

お店にも遊びに来てくれた雨男さん。

タフィーが好きみたいで今後に期待ですね。

232 Followers, 247 Following, 53 Posts - See Instagram photos and videos from Rain Man's Craft (@rainmanscraft)

他にもロアーズルアー、ミミックルアー、サデスルアーも。

もうローカル過ぎて私はついていけない世界です。

今では輸入とかも身近になりましたが。

何十年も前のルアー達ですからね。

クランクベイトの歴史の資料として残してもいいかと思いますね。

さっと、ご紹介させてもらいましたが。

1個1個なので少しづつアップしていこうと思います。

トップへ戻る