『外房 ヒラマサ』 もう少しの辛抱だと思う。

ものすごい欲。

釣りたい欲。

時に欲求は人を狂わせる。

沖縄遠征から1日。

通う事の大事さを痛感すると共に自分の狙う魚を釣りたい欲。

まずはスタートラインに。

魚釣り本来は遊びで楽しい事、趣味なんだけど。

最後は自分との戦い。

まだまだ諦めはしない。

って、またもや撃沈(笑)

確実にシーズンは冬へ向かって進んでいる。

ようやく変化を始めた水中。

前回、今、予想。

火曜日との因縁は早めに終わらせたい。

そんな不調な私とは対照的に。

やらかしている方たちも。

まずは。

先日の金曜日の事。

ヒラマサ釣り2回目の挑戦。

まだ大学生。

学校終わりに当店でお手伝いをしてくれている若きアングラー。

驚くのは体重が40kg前半。

ヒラマサを知ってまだ半年もたたず。

知らないより、知ってた方がいい。

初めてのヒラマサが10kgオーバー。

タックルは私のリップルフィッシャーのキャスティングロッド。

ルアーは使いやすいワイドタイプのジャックポット。

に続いたのが。

コンスタントに外房に通うセカンドステージファン。

前回の原田テスターのアカキンマグマからのヒラマサ。

やりおる。

最近好調なのがセカンドステージの原田君。

当店のオリカラでもヒラマサ釣っていただきありがとうございます。

でも、内心穏やかな心じゃない私(笑)

それから、私たちの沖縄遠征帰りにバッタリ羽田で入れ違いに九州へ遠征チームのアワビの輝き兄さんからも。

なんか、九州遠征チーム当ててるみたいで。

親分もいいの出たみたいです。

いい時も悪い時もある。

いい時を作るには行くしかないね。

バスもヒラマサもGTも。

トップへ戻る