『2019 相模湾 キハダマグロ 清四郎丸』 釣りは真剣に楽しく!

「おめーら、ヒラマサばっかで全然来ねーじゃん!」

って、ふてくされヨージ君(笑)

確かに外房へ通う回数と比較したら相模湾に行く回数は少ないと思いますが。

自分たちもヨージ君の船で釣りするのは楽しいから、行きたい気持ちは大きいんですよ!

今後はもう少し行けるように頑張ります!

マグロ狙いでは2年ぶりになってしまいました。

釣りをやりに行くのか?

船の上ではしゃぎに行くのか?

夏を満喫しに行くのか?

確かに私たちの、はしゃぎ過ぎ感は否めないですが。

それも清四郎丸だからできる事。

これが楽しいんだ。

船長の両サイドが悪ノリ2名です(笑)

っても、釣りたいから私達まじめに寝ないで出船から海を見てます。

ふざけた感じと真面目な感じが楽しい休日の過ごし方。

台風明けって事もあり海色は少し濁っている感じ。

潮目を超えると海色が澄んでいるところもあったりでした。

なんか湧きそう感。

出船後は誰もがそんな感じでしょう。

鳥もパラパラ、パヤオや潮目にはシイラ。

夏の相模湾って感じ。

そして船長が船を止めて。

待機。

湧くか?

きたー。

って、フルスロットル…

当たり前ですが、船の操船技術とタイミングはピカイチ。

私達の経験と技術が低すぎてキャストのタイミングが遅いのは明白です。

「おめーら~」

とは言われますが。

気にするような?

気にしない!(笑)

気にしてるけどね。

アングラー奥義。

最後は笑ってごまかす!

次イコー、次イコー!

私達が相模湾に行くと跳ねないのが定石でしたが。

昨日は。

すげー跳ねる。

こんな感じでマグロが増えるまで待機。

こんなにキャストできるとは。

こんなにチャンスを作ってくれる船長には感謝しかありません。

でも、なんか釣れないんだ(笑)

もちろん、釣り人側のキャスト問題もタイミング問題もあるかと思う。

ただ、いい感じのタイミングで美味しそうな所に入ってるのもあった。

まぁ~これがルアーフィッシング。

終日キャストはできましたが残念ながら帰港のお時間。

久しぶりにこんなに投げた感。

港に戻ると恒例の。

双眼鏡の先にはビーチ。

残念ながらお留守の用でした。

仕立て船 清四郎丸さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、仕立て船 清四郎丸さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

清四郎丸のフェイスブックページができてお問い合わせもしやすくなりました。

パッと見は怖い感じで、口も少し悪い船長かもしれませんが。

楽しいです。

もちろんですが

楽しいだけでなく、操船も魚見つけるのも、タイミングも

あぁー見えて意外と繊細です。

動画だとこんな感じ。

でもこの動画のヨウジ君は偽りです。

ヨウジ君プロデュースアキヤの方も宜しくお願いします。

まだ8月も空きがある日もあるそうなので問い合わせしてみてください。

私は次は木曜日と秋に何回か予約してます。


さて、キハダマグロ釣り。

難しいと再確認した私です。

やはりチームワークと船長との阿吽の呼吸。

しっかりと海をみて風を感じて鳥を追って。

まだまだアングラーにできる努力は多いと感じました。

もっと上手になれそうです。

トップへ戻る