『Bored Oil & Grease ボアード オイル&グリス』 メンテナンスの秘密

当店では1番人気のBSLR。

こちらの方が売り切れてしまっていたのですが大量補充です。

さてオイルとグリス。

こちらの方。

何がどうなのか、何がいいのか。

よくわからない。

だいたいの方はここから始まると思います。

私もそうでした。

色々な物を買いあさっては試して使って。

使い切る物もあれば、捨てたものも沢山。

ほぼ捨てました。

もちろん、まだ使った事の無い物も沢山あると思います。

私は特に凝り性なので。

色々と使ってみないと比べられないですからね。

ここで、私が捨ててきたオイルとグリスはダメなのか?

そうじゃないと思います。

使い方。

適材適所って感じが自分の意見と違っただけって感じです。

ちなみに私は釣りに行く方の人間だと思います。

なので一番に気にすることはリールが調子が悪くならない事!

釣りに行けば行くほど感じる事。

リールが調子が悪くなる。

これ絶対です。

釣りして、使って調子が良くなるリールなんて無いと思います。

使えば壊れていく物がリールなんだと思います。

調子のいい状態を保つためにリールを分解してクリーニングしてダメなパーツを交換するんですが。

この作業が少なければ少なくなる方が自分の釣りではありがたい。

リールイジリに夢中になるのが嫌なんです。

めんどくさい。

なので巻き心地などの回転系のフィーリングは一番には気にしません。

ハッキリ言ったら、巻き心地がいいのと魚を釣るのは関係ない事だと感じています。

ただ、もちろん最低限では拘りますけどね。

そんな感じです。

さて。

では

オイルとグリスでリールの調子が悪くなるのを全てが補えるのか。

最近、特に感じるのですが。

これはちょっと違うかな。

調子の悪くなる原因にリール本体の選び方もあると思います。

使用目的と合わないリール選び方。

物理的な問題。

どれだけテストしてるか問題。

選ぶのは自由です。

自分で感じて考えて。

誰を信用して、誰を疑うか。

便利な時代ですが、やっぱり最後は自分で決断するしかないですね。

トップへ戻る