『Smithwick Rattlin Rogue ARA1200 スミスウィック ラトリンログ』 ハーフインチ

本日はちょっと風が強めですね。

最近は天気予報も潮汐も見てなく、ぽっかりした気分。

次の釣りは対比はリセットされての釣り。

これだけ時間があけば一からのスタート

そろそろ産卵行動ですかね。

季節進行と魚の習性は大雑把には理解できるんですけどね。

ある程度のシーズナルと前回との対比。

これが楽しかったんですが。

久しぶりに真っ新な感じも楽しみは楽しみです。

ボーマー、レーベル、スミスウィック。

ロングA、レーベルミノー、ログ。

何とも甲乙つけづらい。

琵琶湖でどれも使ってましたが。

初夏からの水草伸びてきた感じの時なんかはどれでも良く釣れる。

最後はロッドワークめんどくさいし、魚のサイズを選べないので。

結局ザラスプーク。

ただザラなんかは飛距離がでちゃうから横着しちゃったりで。

魚との距離問題で失敗したことも多々あります。

よく飛ぶルアーはそれはそれで問題はありますね。

しかも船だし。

話が変な方向へ向かう前に。

ARAです。

ARBより1インチサイズダウンしたログ。

さすがにARAは私は使った記憶がないかな?

そもそもスーパー人気ないルアーでしたからねログ自体が。

ARB、ARCは特価処分的なイメージ。

ARAなんて新品レアキャラな気もする。

今でこそジャークベイト=ラトリンログって感じになりましたが。

固定重心のルアーであればそれなりに動くから楽しいです。

どちらかと言うとジャークベイトは釣れるって言うより。

動かして楽しいルアーです。

ただ広い場所で釣りするときは疲れるしめんどくさいので。

割と小場所とかの方が面白いと思います。

釣ってやった感はただ巻きより大きいと思います。

もちろん、ただ巻きでも釣れると思います。

トップへ戻る