『Ripple Fisher Selfish 613S Nano リップルフィッシャー セルフィッシュ 613S ナノ』 続々ジギングロッド

続々と入荷の日々です。

一時ソルトロッドはスカスカになってしまっていたのですが。

自分なりに再検討、使ってみて選んで。

変わったこ事と変わらない事。

その変化を微調整して捉える為に釣りに行くんだと思いますので。

閃かないかな~ってワクワクの日々です。

セルフィッシュ613

好みがハッキリと割れると思います。

ちょっと使いづらいかも。

これが好き。

その2択がこのシリーズ。

それでいいと思います。

ちなみに61シリーズは私は好きです。

ちなみに以前は嫌いでした。

釣れない、使いづらいを道具のせいにしてた時期がありました。

そこから脱却して自分がこうしたいって描けるようになった時。

変わったかな。

目的ができれば、どうしたらと考えて挑戦して結果がでるので。

そうやって少しづつやってくしかないんだと思います。

人間変わるもんですね。

あの時はほんとに素人でド下手くそな自分だったんだと赤面です(笑)

今も対して変わりませんが。

1歩は進んだでしょう。

誰もが始めは初心者です。

誰もが通る道。

自分だけで気付くには、もの凄く時間もお金も体力も使う。

遠回りしたと思うけど。

それはそれで大切な時間でした。

結果オーライ。

むしろ気付けて良かったと思ってます。

たぶん気になると思います。

メーカーの説明書きとジグのウエイト。

これ私の意見ですが外房に限っては気にしないでください。

私も外房以外の経験はほぼないので他はわかりませんが。

たぶん外房って海域が特殊すぎるんだと思います。

船の釣り方、水深、海流、場所、季節、考え方などなど

これが外房の難しい要因なんだと思います。

思った通りにいかない!

だから夢中になっちゃうんでしょうね。

遠回りも気付いた時が近道。

近道だと思ってた事が遠回りの時もある。

自分なりに気付く事が大切ですね。

トップへ戻る