『Rebel Jumpin’ Minnow レーベル ジャンピンミノー』 未来のバス釣り…

バス釣り…

個人的にはルアーフィッシングらしい釣りだと思っている。

魚を探す事の楽しさ。

ルアーの基本が手軽に奥深くまで知れる釣り。

1年通して季節により釣り方は様々で。

水深も1m~10mを越えるような場所だからルアーも色々。

海水魚の様に魚が居ないってのがない。

それに何と言っても自分でボートさえ操船したら無限大に攻められる。

究極なのは自分が船長で自分がアングラー。

責任は全てが自分…

言い訳の効かない釣り。

釣れないのは自分が下手くそなだけ。

それを素直に自分が受け入れられる釣りが私はバス釣りでした。


最近は客観的に見てますが。

未来のバス釣りはどうなるのか。

このままだとカルチャーとしては衰退傾向かな。

バスは少し、だいぶ、商売寄りな遊びになりすぎましたね。

種も仕掛けもないただのトップウォーター。

『レーベル ジャンピンミノー』

どんなルアーも釣れるし、どんなルアーも釣れない事がある。

釣れるルアーにするには自分がしっかりと現場に通い、ルアーを知り、道具のバランスを把握する事。

細かい事を言えばいくらでもある。

結局は誰のせいでもなく自分次第。

釣りを続けていれば道具を見れば少しは感じる製作者の意図。

ただ売りたいだけなのか、垣間見える拘り。

アメリカのルアーはシンプルで理解しやすい。

言葉はやはり便利だけどやはり…

道具には言葉が宿ります。

色々と道具に聞いてみてください。

トップへ戻る