フランボウは憧れ… 『スポーチューブ ロッドケース』

遠征のお供、必需品のロッドケース。

やはりフランボウは魅力的なロッドケースです。

デザインですかね。

老舗のボックスメーカーの香りが今でも漂います。

ザ・遠征!

GT釣りに行きます!

自分の中ではそんな印象です。

でも、それは昔です。

長物はお任せあれ。 スポ―チューブ

遠征のお供のロッドケースって悩むところです。

まず考える事はロッドをしっかりと守ってくれること!

ここが優先順位的には高いでしょう。

つぎー。

ロッド何本入るのさ?

って問題です。

この感じなので収納力抜群。

ガイドが大きめなツナロッドでこんな感じです。

グリップ別でシッカリ梱包しても1グループの遠征本数ぐらいは入っちゃうかもです?

以前自分は3人分のGT遠征で一人3本ぐらいをこれにまとめて遠征しました。

トラブルなし!

スポ―チューブの仕様。

寸法は1220~2120mm

邪魔なのが自宅での保管。

ですがこれだけ短くなるので。

押し入れにでもこっそり隠してください。

こんな感じで伸ばせます。

単体での重さは3.6kgです。

しかーし。

この子のいいところ。

ローラー付き!

これがあるのとないのでは…

こんな感じでコロコロできちゃいます。

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。

遠征時のロッドの梱包。

遠征時のトラブルのロッド破損よく聞きます。

これね開けられると折れます。

なので、しっかりとロックピンを付けて。

ガムテープグルグル巻き!

絶対に開けられないようにするのがコツです!

開けるのめんどくせー!って感じで梱包するのがいいでしょう。

自分は今のところトラブルなしですね。

って言っても海外遠征は4回だけですけどね。

FBの方でご意見いただきましたが。

梱包方法は国により確認した方がいいかもしれません。

国によってさまざまみたいです。

アメリカではグルグル巻きが通用しないみたいです。

全ての荷物を問答無用でフルオープンらしいです。

簡単に戻せる仕組みがベストみたいです。

ちなみに自分はシンガポール、マレーシア、パラオ共和国です。

こちらはグルグル巻きでOKでした。

トラブルを避けるためにも、遠征を多く経験してる方や飛行機会社、ツアー会社に確認するのがベストかもしれませんね。

トップへ戻る