『外房大原 松鶴丸』初めての外房 ルアーフィッシング

東京は殺人的な暑さですが。

海は海風が気持ちよく夏って感じ。

今回は夏休み真っ盛りの高校生を誘って。

初めてのオフショア。

初めての外房。

誰もが通る初めての道。

いろいろな釣りをやって。

いろいろと考えて。

いろいろと感じて。

人生1回ですからね。

好きな事だからこそ、真剣に楽しく取り組む。

そんな時間の使い方をして年を重ねたいですね。

さーて。

初めてなので。

出船前はキャスティング練習から。

さすがバスをやっているだけあってキャストはOK。

あぁ~懐かしい感じと共に、楽しみそうなワクワク感が伝わってきます。

台風の影響か少しうねりはありましたが、南風で気持ちのよい船の上。

水温は22℃前後、少し濁りが入った海ですね。

キャストもジギング交互に。

最初だからよくわかんないだろうけど。

今後、どうなるかが楽しみです。

初めて、ちょっとすると楽しくてこんな感じになってしまうのは事実(笑)

スタッフ竹入もバス釣りと何ら変わらない考えで外房の釣りをしてます。

規模を大きくして、ちょっと難しくした感じでしょうか?

夏の外房は無のイメージがあるかと思いますが。

イメージよりは魚影がある感じです。

何かしらの反応はありました。

そして最後に。

オフショア初の魚が。

いい笑顔でホッコリ。

なんか言葉にできないですがいいですね~。

サワラでした。

そして本人よりホッコリ目じりをしてたのがこの男(笑)

船だったら簡単に釣れる!

そんな事はないかと思います。

釣れなくて、心苦しい事も多いかと思います。

そりゃー夏だし暑い!

でも、諦めずに釣りしてましたからね。

やっぱり、釣ってもらえると自然と笑みがこぼれます。

次は美味しく食すために。

我らのアキヒコ番長の登場。


外房は基本リリース。

そんなイメージをもっている方もいるかとは思いますが。

そんな事はないですよ。

自然に感謝して。

美味しく食べられる分だけ、お持ち帰りしたらいいのかと思います。

また食べたかったら、また釣りに行ったらいいだけですしね。

夏だし。

いい笑顔も見れた事だし。

って事で帰港になりました。


こうやって、次の世代に繋げていけたらなって感じた1日でした。

トップへ戻る