おいしい魚が釣れてます。『外房ヒラマサジギング 山正丸』

後半戦は大原港内で移動して山正丸さんへ。

だいぶ久しぶりになってしまったのですが。

やっぱりカッコいい船ですね。

船長が違えば考え方も操船の仕方も違う。

どれがいいとか正解でなく。

自分なりに理解しようと努力する事。

それも釣りの楽しみスタイルですかね。

船も大きく安定感。

港から舵を南へ。

午後一は真潮根から。

個人的に午前の違和感から引き続き違和感プラスで真潮根で怖い。

GB200ぐらいの感じで良いから釣りしながら計器を見たい感じですね。

探り探りで久々の根がかり緊張感(笑)

美味しそに太ったサンパク。

それに外房で初めてのカンパチ、ショゴでした。

ちょっと美味しそうなショゴでした。

ヒラマサの姿は見れず潮の少しゆるそうな所って事で北に移動。

黒森まで行かない沖側ですかね。

あれ動かない。

これはこれで動かない時にどうやって釣るのかを考えたりして楽しい。

って事で、また真潮根に戻る。

さっきとちょっと感じが違う。

濁りがあって逆潮感。

変わるんですね。

これが外房の醍醐味。

とおる船長も「あぁ―移動しなければよかったかな~」とちょっとぼやいてましたが。

やっぱり自然を理解するのは難しいんだろうな~。

でも、攻めの釣りの感じがして私はいいなぁ~って思いました。

スタイルですね。

ルアーフィッシングって感じ。

私は最後はサワラで終了~。

「美味しいから持って帰りな!」

船長がサワラを丁寧に〆てくれてました。

今日帰ったら捌いてみよ~。

綺麗な夕日。

外房の夕日も色々な時期に見ますが。

オレンジが綺麗。

やっぱり海はいいな~。

食べて美味しい魚釣れてます。

持って帰りたい方は時間があれば船長がしっかり〆てくれます。

もちろん釣りの大好き感はピカイチな船長です。

知らない事も色々と丁寧に教えてくれますよ。

私も昨日ずっとおしゃべりしてました~。

トップへ戻る