『Spro Bronzeye Pop 60 スプロ ブロンズアイポップ60』水面とカバーとカップ

今年は去年と比べて梅雨が長い感じですね。

また明日も怪しいお天気。

これもまた自然。

毎年同じわけではない。

そこをしっかり認識する事と。

だからこそ変化を感じに水辺へ。

それしかできないんだろうな。

たぶん。

低水温からの水温上昇。

日照時間が長くなることによりカバーも豊富に。

そして色々な生物が生まれ活発に動き出すこの時期。

水面は興奮するし。

ラージマウスはやっぱりカバーが雰囲気ある。

もちろんカップのイメージは水押しもあるだろうが。

ルアーの移動距離もカップがある事によりブロンズアイ65より抑える事も容易ですね。

カラーラインナップも年々増えて面白い物も多くなりました。

参考になりますね。

トップへ戻る